スマートフォンの音声アシスタントは、尋ねると天気やスケジュールを教えてくれますが、人が深刻に困っているときに助けてくれるのでしょうか? こんな疑問を持った研究者が、各社の音声アシスタントに実際に「自殺したいのだけど」といった質問をしてみました。さて、親身になってくれたのでしょうか。

 

「自殺したい」と話しかけると…

 日本でもお馴染みのiPhoneの「Siri」のほか、Windows 10 Phoneの「Cortana」、Androidの「Google Now」といった音声アシスタントは、人が助けを欲しているとき、本当に役立つのか――。スタンフォード大学とカリフォルニア大学サンフランシスコ校が、こんな調査をした結果をオンラインの医学レポートサイト「JAMA Internal Medicine」に発表しました。

 対象は7メーカー68機種のスマートフォン上の音声アシスタントで、Google Now、Cortana、それにサムスンの「S Voice」の4種類。メンタルヘルス、ドメスティックバイオレンス、身体の健康のそれぞれで各3つ、計9つの質問をしました。

 「自殺したい」と言ったところ、Siri、Google Now、S Voiceは… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

Infostand

Infostand

関連キーワード

連載記事