スマートフォンとアプリを使って、ルームキーも、フロントでのチェックインさえも不要にするサービスが米国のホテルで始まりました。世界でも初のモバイル・チェックイン・サービスをうたっています。スマートフォンはさまざまな機能を取り込んでいますが、ホテル業界でもこの流れが進んでいるようです。

 

スマホが鍵代わりに

 モバイルによるチェックインサービスを開始したのはマリオット・インターナショナルなどのホテルを運営するスターウッド・ホテル&リゾートです。11月3日に同社の系列の「アロフト」「エレメント」「W」の3ホテルブランド・計10軒で運用を開始しました。

 利用者は同社のモバイルアプリを利用して予約からチェックイン。さらにはスマートフォンを部屋の鍵として利用できるといいます。宿泊客がチェックインをするとアプリが部屋番号を知らせ、鍵を有効化します。

 入室するにはスマートフォンをドアのハンドル部分のパッドにかざすと、端末とパッド部分がBluetooth通信を行い、鍵が開くという仕組みです。安全性の観点から、1つの部屋の鍵に対して利用できるスマートフォンは1台のみに制限するとのことです。

 同社はすでに330軒のマリオット・インターナショナルホテルでスマートフォンからの予約に対応していますが、鍵はフロントまで行かないと、受け取ることができませんでした。受け取ったあと、部屋の準備が整うと、ユーザーのスマートフォン端末にプッシュ通知が来ることになっています。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

Infostand

Infostand

関連キーワード

連載記事