ウェアラブル市場は、現在、新しモノ好きのコンシューマーを中心に、メガネ型や時計、リストバンドが話題になっていますが、ビジネスでの利用はどうなるのでしょう。すぐに受け入れが進み、市場が急拡大するいう予想がある一方で、多くの課題を指摘するメディアもあります。

 

ウェアラブルとスマホは違う

 ウェアラブルのブームは、iPhoneが登場した当初のスマートフォンや、後のタブレットのそれと比較できます。しかし、スマートフォンと比べて軽量、小型などの特徴を持つウェアラブルですが、エンタープライズにどのようにフィットするのかは、まだ分からないとSearch Consumerizationと言います

 理由は、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末とウェアラブルの特徴の違いです。スマートフォンやタブレットは「クール」なデバイスであり、PCでやっていた入力や閲覧をモバイル化して「生産性」や「効率」というビジネスにとってわかりやすいメリットをもたらしました。設定や利用が簡単で、アプリモデルによって、ITの活用範囲を広げたのです。

 ではウェアラブルはどうでしょうか? 記事は以下のように問いを投げかけています。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

Infostand

Infostand

関連キーワード

連載記事