Bizコンパス

ここまで来た!話題のソーシャルリスニング最前線
2013.07.12

企業にとってのソーシャルメディア

ここまで来た!話題のソーシャルリスニング最前線

著者 仲里 淳

 ソーシャルメディアが浸透し、企業での活用が叫ばれる中、その第一歩としてソーシャルリスニングが注目されている。ソーシャルメディア上の膨大な情報から関連するものを見つけ出し、さらにそれを価値ある情報へと変えるのがソーシャルリスニングだ。各社からも多くのソリューションが提供され、企業にとっては取り組みやすい環境になりつつある。

 

活用の入り口として最適なソーシャルリスニング

 「ソーシャルリスニング」とは、ソーシャルメディア上のクチコミを「一般消費者の生の声(本音)」ととらえて、耳を傾けること(傾聴)だ。企業や製品がどのように語られているかという「ブランド言及」、消費者が困っていることや望んでいることを知る「市場ニーズの把握」、自社に対するネガティブな噂や誤解が広まっていないかを監視する「ブランドリスクマネジメント」など、ソーシャルリスニングが活用できる領域は幅広い。さらに、自社製品の使い方で困っているユーザーを見つけ、ソーシャルメディア上で能動的にサポートする「アクティブサポート」の展開も可能である。
 ソーシャルメディアの活用というと、まず例に挙がるのは「クチコミによる商品プロモーション」や「ユーザーとの直接対話」だが、思惑どおりに話題にならないこともあるし、担当者のスキルも必要になるなど、決して簡単ではない。しかし、ソーシャルリスニングであれば導入のハードルは比較的低く、得られるメリットは多い。

 

成長を見越してソリューションが急増

 取り組みやすいはずのソーシャルリスニングだが、それに反して組織的に実践している国内企業はまだ多くはない。ソーシャルメディアをユーザーとして使っている社員はいるし、それを自分の仕事に関連する範囲で活用するものの、個人レベルにとどまっているケースがほとんどだ。ソーシャルメディア上の膨大なデータから自社にとって関連のある情報を抽出し、さらにそれを意味のある形に読み解くには、人手では限界がある。そこで活躍するのがソーシャルリスニングのためのソリューションだ。
 ネットマーケティングで先行する米国では、フォーチュン500選出企業の大半がソーシャルリスニングを行ない、何らかのソリューションを導入しているという。ソーシャルメディアの企業活用が広がるにつれて、ソーシャルリスニングの成長を見込んで国内でもさまざまな関連ソリューションが登場している。
 導入しやすいクラウド型のツールから専門家によるコンサルまでその中身も幅広いが、導入する企業としては、選択肢が豊富であることは歓迎すべきことだ。ただし、多すぎても選定に悩むことも確か。まずは予算が基準になるとは思うが、たとえばBuzzFinderTRUE TELLERソーシャルデスクTwitter公式認定プログラムになっており、信頼性は高いと考えられる。

Twitter公式認定プログラム

プロダクト名 提供会社 プロダクト概要
BuzzFinder NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション BuzzFinderは、全ての日本語ツィートに対応し、国内最大級のクチコミ数を対象としたリアルタイム分析ツールです。顧客の生の声を把握し、ビジネスチャンスにつなげ、トラブルの早期発見、競合他社の情報をいち早くキャッチすることができます。
Engage Manager トライバルメディアハウス Engage Managerは、日々の運用支援・フォロワーとの会話・アカウントの効果測定・競合企業アカウントとの比較分析を統合的に管理し企業のソーシャルメディアアカウントの運用担当者を強力にサポートします。
SocialEngage NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション SocialEngageは、お客様の声の把握・分析からコミュニケーション展開までを総合的にサポートする、企業向けのソーシャルメディア運用支援プラットフォームです。大人数チームでのソーシャルメディア運用や、多国間でのソーシャルメディア運用の統括管理に適した多くの特徴を備えています。
TRUE TELLER ソーシャルデスク 野村総合研究所 TRUE TELLER ソーシャルデスクは、ソーシャルリスニング、アクティブサポート、プロモーション、リスク管理など、様々なご活用目的に応じた豊富な機能群をご提供します。

 ソーシャルリスニングの目的としてブランドリスクマネジメントがあるが、これは言い換えると「炎上の早期発見と鎮火」である。ネット上における炎上は、ソーシャルメディアの拡散力によって以前にも増して厄介なものになってしまった。企業側にとってはソーシャルメディアの「負の面」ではあるが、… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

仲里 淳

仲里 淳

フリーライター

Twitter: https://twitter.com/nakazato

この記事で紹介しているサービスについて

SHARE

関連記事

「ソーシャルCRM」とは何か?

2012.06.11

「ソーシャルCRM」の可能性 ~企業と顧客をつなぐ新たなチャネル~第1回

「ソーシャルCRM」とは何か?

ソーシャルCRMの利用メリットと活用のステップ

2012.07.03

「ソーシャルCRM」の可能性 ~企業と顧客をつなぐ新たなチャネル~第2回

ソーシャルCRMの利用メリットと活用のステップ

ITとチーム力でソーシャルCRMを成功させる

2012.07.06

「ソーシャルCRM」の可能性 ~企業と顧客をつなぐ新たなチャネル~第3回

ITとチーム力でソーシャルCRMを成功させる

ソーシャルCRM導入活用事例

2012.08.10

「ソーシャルCRM」の可能性 ~企業と顧客をつなぐ新たなチャネル~第4回

ソーシャルCRM導入活用事例

AI・IoT・CRMシステム連携で変わる顧客体験の最前線

2018.10.26

いま求められる“顧客接点の強化”第8回

AI・IoT・CRMシステム連携で変わる顧客体験の最前線

グローバル企業のWebサイト運営の課題を解決するDXP

2018.09.05

戦略的Webサイトを目指す企業が知っておくべきこと第3回

グローバル企業のWebサイト運営の課題を解決するDXP

「ネット炎上」のピンチをチャンスに変える方法とは

2018.08.22

企業に求められる、これからの「SNS対策」

「ネット炎上」のピンチをチャンスに変える方法とは

中国人旅行者は「QRコード決済」で呼び込め!

2018.03.14

いま求められる“顧客接点の強化”第5回

中国人旅行者は「QRコード決済」で呼び込め!

LINE公式アカウントにAIを導入したNTT Comの狙い

2017.12.20

いま求められる“顧客接点の強化”第2回

LINE公式アカウントにAIを導入したNTT Comの狙い

チャット&AIで実現!カスタマーサポートの新機軸

2017.10.11

いま求められる“顧客接点の強化”第1回

チャット&AIで実現!カスタマーサポートの新機軸

構内PHSをスマホへ移行、時事通信社が得た効果とは

2017.09.08

PBXクラウド化が企業にもたらすメリット

構内PHSをスマホへ移行、時事通信社が得た効果とは

“10の成功事例”から学ぶPBXの課題解決策

2017.07.05

通信コスト削減、働き方改革推進など・・・

“10の成功事例”から学ぶPBXの課題解決策