NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

ITとチーム力でソーシャルCRMを成功させる
2012.07.06

「ソーシャルCRM」の可能性 ~企業と顧客をつなぐ新たなチャネル~第3回

ITとチーム力でソーシャルCRMを成功させる

著者 Bizコンパス編集部

 前回示したステップに基づいてソーシャルCRMの取り組みを始めた場合、遠からず問題になるのが(特に人的な)経営資源の不足だ。担当者の燃え尽きを防ぎ、チームとしての顧客対応を実現するためのITの活用と具体的なツールについて解説する。

 

企業としての対応は一人では難しい

 前回述べたように、ソーシャルCRMは、例えば自社商品についての発言を探すだけなら、コストをかけずにすぐ開始できる。実際、最初は一担当者や少数の有志が草の根運動的にソーシャルメディアの活用を始めるケースも多い。しかし、企業としての公式対応を始めると、早い時期に壁に直面する。たとえば以下のような場合である。

  • 担当者が休みを取ると対応がストップしてしまう(担当者が休めなくなる)
  • 急激にファン/フォロワーが増えると、発言を追い切れなくなる
  • ソーシャル対応のノウハウが特定の担当者にだけ貯まり、その担当者が異動・退職したとたんサービスレベルが下がってしまう
  • 結果として、「業務負担の集中による担当者の燃え尽き」や「サービスレベルの一貫性のなさに対する顧客の不満」につながる。

 図1は、企業のソーシャルメディア運用担当者の数を調査したグラフだが、企業の約3分の2が複数人で対応しており、その人数は拡大傾向にあることを示している。ソーシャルCRMへ本気で取り組むにつれて、企業としての対応には“チーム力”が必要になってくる。

図1 企業の約3分の2がソーシャルメディア運用に複数人で対応

図1 企業の約3分の2がソーシャルメディア運用に複数人で対応

出典:NTTレゾナント gooリサーチ/ループス・コミュニケーションズ共同調査(2010~2011年)
「企業におけるソーシャルメディア活用状況に関する調査結果」より

… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

この記事で紹介しているサービスについて

SHARE

関連記事

最短10営業日で構築可能な「在宅コンタクトセンター」とは?

2020.07.29

いま求められる“顧客接点の強化”第28回

最短10営業日で構築可能な「在宅コンタクトセンター」とは?

コンタクトセンターの在宅勤務化を妨げる5つの課題を克服する

2020.06.26

AI時代を生き抜く「本物」のコールセンター運営法第17回

コンタクトセンターの在宅勤務化を妨げる5つの課題を克服する

この機を逃すな!コンタクトセンターの在宅勤務を進めるべき理由

2020.06.19

AI時代を生き抜く「本物」のコールセンター運営法第16回

この機を逃すな!コンタクトセンターの在宅勤務を進めるべき理由

東京無線は「電話がつながらない」機会損失をどう解決したのか?

2020.05.22

いま求められる“顧客接点の強化”第27回

東京無線は「電話がつながらない」機会損失をどう解決したのか?

なぜアパホテルはより良い接客のためにナビダイヤルを採用したのか

2020.04.17

いま求められる“顧客接点の強化”第26回

なぜアパホテルはより良い接客のためにナビダイヤルを採用したのか

課題に直面するコンタクトセンターを救う3カ条とは

2020.04.16

いま求められる“顧客接点の強化”第25回

課題に直面するコンタクトセンターを救う3カ条とは

音声認識とAIで「新人が即戦力になる」コンタクトセンターとは

2020.03.27

いま求められる“顧客接点の強化”第24回

音声認識とAIで「新人が即戦力になる」コンタクトセンターとは

ビジネスをデジタル化する鍵は「音声」にあり

2020.03.26

アナログなビジネスをデジタルに変える第2回

ビジネスをデジタル化する鍵は「音声」にあり

DX先進企業のCDOが語る「データ活用の課題と展望」

2020.02.07

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第30回

DX先進企業のCDOが語る「データ活用の課題と展望」

人手もお金も足りなくても、コンタクトセンターは運営できる

2019.12.20

コールセンターの現場から第2回

人手もお金も足りなくても、コンタクトセンターは運営できる