Bizコンパス

ITとチーム力でソーシャルCRMを成功させる
2012.07.06

「ソーシャルCRM」の可能性 ~企業と顧客をつなぐ新たなチャネル~第3回

ITとチーム力でソーシャルCRMを成功させる

著者 Bizコンパス編集部

 前回示したステップに基づいてソーシャルCRMの取り組みを始めた場合、遠からず問題になるのが(特に人的な)経営資源の不足だ。担当者の燃え尽きを防ぎ、チームとしての顧客対応を実現するためのITの活用と具体的なツールについて解説する。

 

企業としての対応は一人では難しい

 前回述べたように、ソーシャルCRMは、例えば自社商品についての発言を探すだけなら、コストをかけずにすぐ開始できる。実際、最初は一担当者や少数の有志が草の根運動的にソーシャルメディアの活用を始めるケースも多い。しかし、企業としての公式対応を始めると、早い時期に壁に直面する。たとえば以下のような場合である。

  • 担当者が休みを取ると対応がストップしてしまう(担当者が休めなくなる)
  • 急激にファン/フォロワーが増えると、発言を追い切れなくなる
  • ソーシャル対応のノウハウが特定の担当者にだけ貯まり、その担当者が異動・退職したとたんサービスレベルが下がってしまう
  • 結果として、「業務負担の集中による担当者の燃え尽き」や「サービスレベルの一貫性のなさに対する顧客の不満」につながる。

 図1は、企業のソーシャルメディア運用担当者の数を調査したグラフだが、企業の約3分の2が複数人で対応しており、その人数は拡大傾向にあることを示している。ソーシャルCRMへ本気で取り組むにつれて、企業としての対応には“チーム力”が必要になってくる。

図1 企業の約3分の2がソーシャルメディア運用に複数人で対応

図1 企業の約3分の2がソーシャルメディア運用に複数人で対応

出典:NTTレゾナント gooリサーチ/ループス・コミュニケーションズ共同調査(2010~2011年)
「企業におけるソーシャルメディア活用状況に関する調査結果」より

… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

関連する事例記事はこちらからご覧になれます

IT事例ライブラリ

SHARE

あなたへのおすすめ

主役は情シス、安く・早く・簡単に「ServiceNow」を始める新サービス

2019.05.08

DXを加速させるITシステムの運用改革第4回

主役は情シス、安く・早く・簡単に「ServiceNow」を始める新サービス

人手不足から企業を救う「顧客接点のデジタル化」の価値とは

2019.04.26

いま求められる“顧客接点の強化”第9回

人手不足から企業を救う「顧客接点のデジタル化」の価値とは

みずほ情報総研が目指す、環境変化に即応可能なIT

2019.04.10

ビジネススピードを加速するIT基盤第20回

みずほ情報総研が目指す、環境変化に即応可能なIT

SD-LANソリューションを活用して高知工科大学が構築した「学内LAN」とは

2019.04.05

セキュリティ対策に求められる新たな視点 第3回

SD-LANソリューションを活用して高知工科大学が構築した「学内LAN」とは

高くても売れちゃう「絶妙な値段」の設定方法

2019.02.07

モノが売れない時代に売るテクニック

高くても売れちゃう「絶妙な値段」の設定方法

最高の顧客デジタル体験を提供する「Acquia」とは

2019.01.23

戦略的Webサイトを目指す企業が知っておくべきこと第4回

最高の顧客デジタル体験を提供する「Acquia」とは

セールスフォースが提示する次世代の顧客マネジメントとは

2019.01.18

「Salesforce World Tour Tokyo 2018」レポート

セールスフォースが提示する次世代の顧客マネジメントとは

AIチャットボットを活用し応対品質向上に取り組む ドコモ

2019.01.16

問い合わせ件数増加による応対コスト増の課題を解決

AIチャットボットを活用し応対品質向上に取り組む ドコモ

クラウドとネットワーク活用で経営戦略を強化する花王

2019.01.09

基幹システムのクラウド化とグローバルネットワーク

クラウドとネットワーク活用で経営戦略を強化する花王

2019年のITトレンドは?企業の動向を知るキーワード

2018.12.12

ビジネススピードを加速するIT基盤第17回

2019年のITトレンドは?企業の動向を知るキーワード

DNPとNTT Comがつくる対話型AIを活用した新しい消費体験とは

2018.12.07

AIを活用して小売をサポートするビジネスモデル

DNPとNTT Comがつくる対話型AIを活用した新しい消費体験とは