Bizコンパス

うっかりミスが大問題に。メールで失敗しない13カ条
2016.10.15

海外発!デキるビジネスマンになるためのコラム第72回

うっかりミスが大問題に。メールで失敗しない13カ条

著者 Bizコンパス編集部

 ビジネスパーソンの多くはついついメールの返信に追われがちですが、ビジネスマナーのコンサルタントであるバーバラ・パクター氏によれば、その多くは、適切なメールの使い方を知らないまま仕事をし続けてしまっていると言います。

 普段やりとりするメッセージは大量です。それにより、つい気まずいミスをしてしまい、そのミスが深刻な結果を引き起こしてしまうことがあるのです。

 パクターは、彼女の著書「エッセンシャルズ・オブ・ビジネス・エチケット」の中で、現代のメールのエチケットを基礎から説明しています。その中から、知っておくべき最も重要なルールを紹介します。

元記事「15 email-etiquette rules every professional should know

 

1. タイトルは分かりやすくストレートに

 良いタイトルの例として「ミーティングの日程変更」や「プレゼンに関する質問」、「ご提案について」が挙げられます。パクター氏も「人は、そのメールを読むべきかどうか、タイトルから判断することが多い」「相手の抱える課題や、仕事の問題に関するものだということが伝わるタイトルにしましょう」と述べています。

 

2. 「全員に返信」にする前に、もう一度確認する

 まったく関係のない20人から送られたメールを読みたい人はいません。メールを受信すると、スマホに新規メッセージの通知が表示されたり、パソコンの画面にわずらわしいポップアップ・メッセージが出るので、見たくなくても見てしまいます。

 全員が本当にそのメールを受け取る必要がある場合は、もちろん「全員に返信」を選ぶべきですが、そうでない場合は、関係のない人をアドレスから外すのが良いでしょう。

 

3. 署名を入れる

 パクター氏は、読み手に対して自分自身の情報をきちんと提供することを推奨しています。署名には、フルネーム、役職、社名、連絡先情報が書いてあり、電話番号も含まれている必要があります。多少の宣伝を書いてもかまいませんが、格言やアートなど、やりすぎてはいけません。メール本文と同じフォント、同じサイズ、同じ色を使いましょう。

 

4. ビックリマークの使用は… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

関連する事例記事はこちらからご覧になれます

IT事例ライブラリー

関連キーワード

SHARE

あなたへのおすすめ

押さえておきたい、ビジネスメールの基本スタイル

2015.04.02

意外と知らないメールの書き方講座第1回

押さえておきたい、ビジネスメールの基本スタイル

出来る人がやっているメールの書き方の工夫

2013.03.20

一歩前へ行くためのビジネスマナー

出来る人がやっているメールの書き方の工夫

人に伝え辛い内容の話はどうやって伝えれば良いのか

2015.03.15

海外発!見方が変わる仕事との向き合い方第49回

人に伝え辛い内容の話はどうやって伝えれば良いのか

気の利いた会話、話題の提供の仕方

2013.10.28

元客室乗務員が教える経営者のためのビジネスマナー第8回

気の利いた会話、話題の提供の仕方

企業と消費者の間にある「大きな溝」はどうすれば埋められるか?

2019.08.09

いま求められる“顧客接点の強化”第16回

企業と消費者の間にある「大きな溝」はどうすれば埋められるか?

顧客対応最適化のため、マカフィーが取り組む「Call to Web」とは

2019.07.26

いま求められる“顧客接点の強化”第15回

顧客対応最適化のため、マカフィーが取り組む「Call to Web」とは

電話にメールにSNS……顧客対応に困ったら「Pure Cloud」が良い

2019.07.10

いま求められる“顧客接点の強化”第14回

電話にメールにSNS……顧客対応に困ったら「Pure Cloud」が良い

店舗の売上アップ施策には、Wi-Fiによる“人流解析”が効く

2019.07.03

いま求められる“顧客接点の強化”第13回

店舗の売上アップ施策には、Wi-Fiによる“人流解析”が効く

パラダイムシフトはすでにここまで来ている。「DX時代の顧客接点最新動向」

2019.06.28

いま求められる“顧客接点の強化”第12回

パラダイムシフトはすでにここまで来ている。「DX時代の顧客接点最新動向」

「デザイン思考」でサービス創出に挑む東北電力

2019.06.07

デザイン思考導入のアプローチ第2回

「デザイン思考」でサービス創出に挑む東北電力

東京都がAIチャットボットで実現する、24時間365日の問い合わせ対応

2019.06.07

いま求められる“顧客接点の強化”第11回

東京都がAIチャットボットで実現する、24時間365日の問い合わせ対応

オットージャパンがDXで目指す、One to Oneコミュニケーションとは

2019.05.31

いま求められる“顧客接点の強化”第10回

オットージャパンがDXで目指す、One to Oneコミュニケーションとは