Bizコンパス

メディアに取り上げてもらいやすいPR戦略とは?
2015.03.03

メディアをタダで使う方法~間違いだらけの企業PR第1回

メディアに取り上げてもらいやすいPR戦略とは?

著者 田中 森士

 先行き不透明な日本経済。すでに何年も前から戦略的なPRに力を入れている。しかしながら、PRは諸刃の剣。正しく行わなければ、経営を揺るがすほどのしっぺ返しが来るのだ。

 本連載は、企業が取り組むべき正しいPRについて3回にわたって解説していく。第1回目は、企業の課題解決の手法としてのPRという概念について解説する。

 

消費者の目が肥えた時代、どのようなPR戦略を打つか

 日本新聞協会のまとめによると、2000年以降、新聞広告費は減少傾向が続いている。一方、日本パブリックリレーションズ協会の調査によると、PR業の2012年度の推計市場規模は901億円と、前回調査(2010年度)の793億円から13.6%増加。大企業を中心に、新聞広告以外のPR戦略への転換が進んでいることが伺える。

 これはインターネットの発達で情報、意見が共有され、消費者の目が“肥えた”ことが要因として考えられる。広告は「お金を払って掲載してもらっている」というのは誰もが知るところであるし、薄っぺらなメッセージの広告は、ほとんど意味をなさない。企業の“作られた”ストーリーや思惑はすぐさま暴かれ、むしろ企業価値が下がってしまう。そんな時代になったのだ。

 この事実にいち早く気付いた一部の企業は、PRに力を入れるようになった。広告宣伝も上手く活用しつつ、戦略的にPRを進めることで、消費者が企業や商品、サービス、社員などに親しみを抱く。結果、企業イメージは向上し、唯一無二の存在となれば、これから生き残っていける―。そう考えたのだ。

 

メディア関係者が記事にしやすいネタを

 とはいえ、PRは、企業が抱える課題を解決するための手法として取り入れるものであり、長期的な戦略を練るべきものであるはずなのに、メディアに取り上げてもらうことばかり考えすぎて、単なる打ち上げ花火に終わるPRは思いのほか多い。… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

田中 森士

田中 森士

戦略PRコンサルタント・熊本市社会教育委員

熊本大学大学院で消費者行動を研究した後、県立高校の常勤講師(地理・歴史)、全国紙記者を経て、現職。地元・熊本に軸足を置きつつ、全国で活動している。企業PRやまちおこしのプロジェクトに携わるかたわら、「伝え方」をテーマにした高校での講演や、これからのPRを考えるWEBマガジン「PR NEXT」の運営もこなす。http://pr-next.com/

関連キーワード

SHARE

あなたへのおすすめ

ブランディングで利益を最大限に引き出す仕組み

2015.02.18

海外発!見方が変わる仕事との向き合い方第44回

ブランディングで利益を最大限に引き出す仕組み

2035年の新聞~信頼性武器に新たな販売システムを

2015.01.23

その時日本は? 2035年を予想する第2回

2035年の新聞~信頼性武器に新たな販売システムを

高くても売れちゃう「絶妙な値段」の設定方法

2019.02.07

モノが売れない時代に売るテクニック

高くても売れちゃう「絶妙な値段」の設定方法

最高の顧客デジタル体験を提供する「Acquia」とは

2019.01.23

戦略的Webサイトを目指す企業が知っておくべきこと第4回

最高の顧客デジタル体験を提供する「Acquia」とは

セールスフォースが提示する次世代の顧客マネジメントとは

2019.01.18

「Salesforce World Tour Tokyo 2018」レポート

セールスフォースが提示する次世代の顧客マネジメントとは

AIチャットボットを活用し応対品質向上に取り組む ドコモ

2019.01.16

問い合わせ件数増加による応対コスト増の課題を解決

AIチャットボットを活用し応対品質向上に取り組む ドコモ

2019年のITトレンドは?企業の動向を知るキーワード

2018.12.12

ビジネススピードを加速するIT基盤第17回

2019年のITトレンドは?企業の動向を知るキーワード

DNPとNTT Comがつくる対話型AIを活用した新しい消費体験とは

2018.12.07

AIを活用して小売をサポートするビジネスモデル

DNPとNTT Comがつくる対話型AIを活用した新しい消費体験とは

AI・IoT・CRMシステム連携で変わる顧客体験の最前線

2018.10.26

いま求められる“顧客接点の強化”第8回

AI・IoT・CRMシステム連携で変わる顧客体験の最前線

成果が出るRPA、成果が出ないRPAの違いとは?

2018.10.24

「最先端AI」で業務効率化する方法後編

成果が出るRPA、成果が出ないRPAの違いとは?

働き方改革を推進するキーアイテムは「音声認識」

2018.10.19

「最先端AI」で業務効率化する方法前編

働き方改革を推進するキーアイテムは「音声認識」