Bizコンパス

自分にとって最適な睡眠を知る方法
2016.01.15

海外発!デキるビジネスマンになるためのコラム第49回

自分にとって最適な睡眠を知る方法

著者 Bizコンパス編集部

 人間が本当に必要とする睡眠はどんなものでしょうか。睡眠は、私たちの人生のゆうに3分の1を占めるものですが、私たちを大きく悩ませるものでもあります。

 私たちは、たいてい常に疲れています。たとえばアメリカ人の40%は、推奨睡眠時間とされる7~9時間より短い睡眠しか取れておらず、また、アメリカの国立睡眠財団が実施した最近の調査によれば、アメリカ人の35%が、自らの睡眠の品質を「悪い」または「まあまあ」だと回答しているそうです。

 アメリカでは、グーグルの検索ボックスに「Why can’t I…(なぜ私は…できないの)」と英語で入力すると、「…」の部分に表示される上位3候補の一つとして、「就職」や「ダイエット」とともに、「睡眠」に関した言葉が表示されます。私たちの心配事は、オンラインの相談相手にはお見通しなのです。

 では、私たちが本当に必要な睡眠はどのくらいでしょうか。

 まず、悪いニュースからお伝えしましょう。残念ながら、全員にあてはまる唯一の正解はありません。睡眠には非常に個人差があるのです。1日2~3時間の睡眠でやっていける非常に稀な人もいますし、その真逆で、1日11時間の睡眠が必要な「長時間睡眠者」と医者が呼ぶような人たちもいます。

 しかしそうした情報は、あなたが必要な睡眠が実際はどの程度なのか、また、より良い休息を取るにはどうしたらいいかを見極めるのに役立つことでしょう。

 これからご紹介する5つの情報で、自分の睡眠パターンを把握し、自分がどのパターンに当てはまるのかを見極めていきましょう。

元記事:「How To Figure Out How Much Sleep You Really Need」/Business Insider

 

1. 医者が7~9時間を推奨するのには訳がある… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

関連キーワード

SHARE

あなたへのおすすめ

睡眠中は掃除中?睡眠と健康の関係

2014.09.20

最新知識で最大の「資産」を守る 健康情報最前線第5回

睡眠中は掃除中?睡眠と健康の関係

ビジネスホテルで安眠を追求!眠りを重視したホテル

2014.11.19

ホテル評論家・瀧澤信秋の「出張するならこのホテル!」第2回

ビジネスホテルで安眠を追求!眠りを重視したホテル

疲れ切った従業員を救う7つの対処法

2015.03.06

海外発!見方が変わる仕事との向き合い方第48回

疲れ切った従業員を救う7つの対処法

組織を改善するなら、従業員を“朝型”に変えるべし

2015.10.15

今すぐできる組織の改善第1回

組織を改善するなら、従業員を“朝型”に変えるべし