Bizコンパス

成功したければクビにすべき4種類の人間
2016.01.03

海外発!デキるビジネスマンになるためのコラム第46回

成功したければクビにすべき4種類の人間

著者 Bizコンパス編集部

 あなたは、このような経験をお持ちではないでしょうか。

 完璧ともいえる年間事業計画を持っていたのに、未達成の結果となった。生産性の高い個人が集まったチームを率いているはずだったのに、なぜだかいつも同じ問題について議論している。もしくは、大きな決断をしたのに、そのほとんどが実行されなかった。

 一体何が起きているのでしょうか。もし上記の事柄に思い当たる節があれば、それは組織の中の誰かが、意図的もしくは無意識のうちに、成長を妨げる要因になっている可能性があります。このような組織にとって足かせとなる人物かどうかを見極める4つのポイントをご紹介します。

元記事「4 People That Should Be Fired If You Want Your Company To Succeed/BUSINESS INSIDER」

 

1.空想家である

 組織にはビジョンを示し、独創的で革新的、そして大きなエネルギーをもたらすような人間が必要です。

 しかし、終わりのない新しい構想を次々と打ち出し、すさまじいスピードで市場の予測を変え、もはや宗教に近い感覚で「ひらめき」を得て、それに沿って行動をしたりしてはいないでしょうか。このような行動は共に働く人々のエネルギーの奪ってしまい、さらにはビジネスを負のスパイラルへと導いていく事になります。

 ビジネスにおいては根拠のない空想を広げるのではなく、データや根拠などをもとに行動をとることが必要です。あなたの周りには空想におぼれている人はいませんか?もしくはあなた自身がそうなってしまってはいないでしょうか。

 

2.独りよがりな異端児… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

関連キーワード

SHARE

あなたへのおすすめ

なぜ松下幸之助は不況でも社員を解雇しなかったのか

2015.12.17

結論から読み解く「嫌われる勇気」第5回

なぜ松下幸之助は不況でも社員を解雇しなかったのか

派遣法の改正でダメになる会社、成功する会社の違い

2015.11.13

変わり続ける会社組織にどう対応すべきか第1回

派遣法の改正でダメになる会社、成功する会社の違い

絶対に失敗できない“伝家の宝刀”懲戒解雇のやり方

2014.10.17

弁護士が語る!経営者が知っておきたい法律の話第7回

絶対に失敗できない“伝家の宝刀”懲戒解雇のやり方

リーダーが陥りやすい“傲慢”という名の落とし穴

2015.02.10

海外発!見方が変わる仕事との向き合い方第43回

リーダーが陥りやすい“傲慢”という名の落とし穴