Bizコンパス

どれが一番儲かるのか?知られざる宝くじの真実
2014.12.27

得するお金の使い方第5回

どれが一番儲かるのか?知られざる宝くじの真実

著者 谷垣 吉彦

 夢を買うのが宝くじ、とわかってはいても、少しでも賞金額が大きく、当選確率の高いものを選びたいもの。サマージャンボやグリーンジャンボといった宝くじ。ほかにも年中販売されているtotoなど、高額賞金をうたう有名な宝くじがいくつもありますが、一番お得なのは、どんなくじなのでしょう?

 

数学に弱い人用の税金

 宝くじは別名、「数学に弱い人用の税金」とも呼ばれます。くじの売り上げから、賞金分を差し引いた残りは、行政が公共のために使うことになっているからです。たとえばジャンボ宝くじでは、売り上げから運営費用や賞金を差し引いた残りが、主に地方自治体に配られ、公共事業などに使われます。

 「そういうものだろう」というのは、大半の人が理解していることと思いますが、その還元率については、「ちょっと悪すぎるのでは」という意見もあります。売り上げに対する賞金の割合は、なんと45.8%しかないためです。競馬が75%ですから、かなり低めであることは事実でしょう。当選する確率もまさに「夢」のレベル。ドリームジャンボくじなどの1等が当たる確率は、理論的には1000万分の1程度なのだとか。

 ちなみに、さまざまなくじやギャンブルの還元率を調べてみると、とりあえずお得な一攫千金の夢はどれなのか、見えてきます。宝くじでは、キャリーオーバーすると賞金が最大6億円にふくらむtotoBIGの還元率がやや高めですが、それでも52%程度。対する競馬、競輪、競艇は75%程度で並んでいますから、かなり良心的、といえそうです。

 

チャリロトは「最強の宝くじ」か?

 冒頭から宝くじ最大の魅力ともいえる「夢」をぶちこわす記事となってしまい、申し訳ないので、かわりにあまり知られていない「夢」を一つ提供してみます。… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

谷垣 吉彦

谷垣 吉彦

フリーランスライター

アダルト層向け商品の販促プランニングや、経営・医療系書籍の企画・立案・執筆など、幅広い分野でライターとして活動する。大阪ミレニアムミステリー賞を受賞するなど、エンターテイメント分野での実績も評価されている。

関連キーワード

SHARE

関連記事

お金とうまく付き合うために考え直すべき6つのこと

2014.07.14

海外発!見方が変わる仕事との向き合い方第9回

お金とうまく付き合うために考え直すべき6つのこと

来年始まるNISAなら税金ゼロで投資家デビュー

2013.10.06

職場や得意先で話のネタになる!注目サイト&アプリ第5回

来年始まるNISAなら税金ゼロで投資家デビュー