Bizコンパス

どうすれば高齢者に魅力的な公式サイトが作れるのか
2014.10.18

NGを洗い出せ!公式サイトのイメージアップ術第3回

どうすれば高齢者に魅力的な公式サイトが作れるのか

著者 谷垣 吉彦

 インターネットを利用する高齢者が近年急増しています。もともと高齢者は体力的なハンデから、出歩くことや、重い買い物を運ぶことに不便を感じることが多く、通販のヘビーユーザーが多い層でもあります。時間や資産に余裕のある人も多く、ネットビジネスにおいて、ぜひとも取り込みたい層です。

 ですが、若い人向けのサイトデザインをそのまま採用するのはいけません。高齢者に合わせた“見せ方”に配慮すべきでしょう。

 

急増する高齢者のネット利用

 総務省が発表しているデータによると、ネットを利用する高齢者が急増しています。2011年末に70~79歳では42.6%、80歳以上では14.3%だったのが、翌2012年にはそれぞれ、48.2%、25.7%と大きくはね上がりました。その他の年代がほぼ横ばいで推移している中、この急増ぶりには注目すべき価値があります。

 会社でパソコンを使っていた層が「高齢者」になってきたことに加え、OSや機器が扱いやすくなったこと、パソコンのセッティングや利用について教えてくれるさまざまなサービスが拡充してきたことなどが、原因と考えられます。

 少し古いデータになりますが、2008年に(株)NTTデータ経営研究所が発表した「高齢者におけるパソコン・ネットの利用動向に関する調査」でも、高齢者のパソコン操作能力は、ほかの世代とそれほど大きな差がない、という結果が出ています。

 図書館や市役所などが、ネットサービスを充実させる中、「高齢者の知りたい情報がネットで得られるようになってきた」という変化も、利用をうながす要因となっているようです。今後もますます増えるものと予想されており、インターネット展開を考える上では、もっとも重視する必要がある層、といえます。… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

谷垣 吉彦

谷垣 吉彦

フリーランスライター

アダルト層向け商品の販促プランニングや、経営・医療系書籍の企画・立案・執筆など、幅広い分野でライターとして活動する。大阪ミレニアムミステリー賞を受賞するなど、エンターテイメント分野での実績も評価されている。

この記事で紹介しているサービスについて

関連キーワード

SHARE

関連記事

0570 ナビダイヤルでお待たせしない窓口を実現

2013.03.15

ここまでできる!コールセンターサービス最新事情

0570 ナビダイヤルでお待たせしない窓口を実現

ソーシャルウェアで顧客の声を素早く共有する

2012.10.02

顧客が喜び、受注につながる、新しい情報共有の形

ソーシャルウェアで顧客の声を素早く共有する

音声認識とAIで「新人が即戦力になる」コンタクトセンターとは

2020.03.27

いま求められる“顧客接点の強化”第24回

音声認識とAIで「新人が即戦力になる」コンタクトセンターとは

ビジネスをデジタル化する鍵は「音声」にあり

2020.03.26

アナログなビジネスをデジタルに変える第2回

ビジネスをデジタル化する鍵は「音声」にあり

DX先進企業のCDOが語る「データ活用の課題と展望」

2020.02.07

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第30回

DX先進企業のCDOが語る「データ活用の課題と展望」

人手もお金も足りなくても、コンタクトセンターは運営できる

2019.12.20

コールセンターの現場から第2回

人手もお金も足りなくても、コンタクトセンターは運営できる

26万人足りない! 外食業界の深刻な人手不足を「フードテック」で解決する

2019.12.13

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第24回

26万人足りない! 外食業界の深刻な人手不足を「フードテック」で解決する

顧客が自分自身で問題を解決できてしまう「CSM」とは?

2019.11.19

DXを加速させるITシステムの運用改革第15回

顧客が自分自身で問題を解決できてしまう「CSM」とは?

Salesforceを使って “最高の顧客体験”を提供する方法

2019.10.30

「Salesforce World Tour Tokyo」レポート第2回

Salesforceを使って “最高の顧客体験”を提供する方法

人手不足で高離職率、コンタクトセンターの“現実”を変える切り札とは

2019.10.23

いま求められる“顧客接点の強化”第23回

人手不足で高離職率、コンタクトセンターの“現実”を変える切り札とは