Bizコンパス

女性に好かれるサイト、嫌われるサイトの違いとは?
2014.10.11

NGを洗い出せ!公式サイトのイメージアップ術第2回

女性に好かれるサイト、嫌われるサイトの違いとは?

著者 谷垣 吉彦

 現代の消費活動の主役は女性です。女性の関心を集めることができれば、そのアイテムはもう「売れたも同然」といえるかもしれません。そのため、女性を意識したサイトが数多く作られていますが、男性に比べて女心は複雑であり、女性を意識したサイト構成やSEOは容易ではありません。

 

ある失敗事例に学ぶ女性向けサイトの難しさ

 女性向けサイトの構築を語る上で、反面教師として注目しておきたい事例があります。あるパソコン販売会社がかつて設けたウェブサイトの失敗です。同サイトでは女性の関心を集めるため、レシピ、ダイエット、古着ショッピングサイトの動画などに重点を置きました。さらに売り物であるパソコンについては、カラーバリエーションなどの情報を前面に押し出してサイトを構築。さぞや女性が喜んでみてくれるはず……と期待したのですが、逆に女性閲覧者から反感を買ってしまい炎上することに。結局、名前を変えて再出発しなければならない事態となりました。

 「女性はこういうものが好きなはず」という姿勢が、押しつけとして感じられ、また本来もっとも大切なはずのスペック情報などを深部に置いたことで、「どうせ女性にはわからないだろう」という見下した姿勢と受け取られたものです。

 コンセプトを構築するに当たって、実際にどういった考えが根底にあったのか不明ですが、事実はどうであるにせよ、そう受け取られてしまえば大失敗です。生半可な「女性対策」なら、むしろなにもしない方がまし、といえるかもしれません。

 

女性の特徴は共感力にあり… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

谷垣 吉彦

谷垣 吉彦

フリーランスライター

アダルト層向け商品の販促プランニングや、経営・医療系書籍の企画・立案・執筆など、幅広い分野でライターとして活動する。大阪ミレニアムミステリー賞を受賞するなど、エンターテイメント分野での実績も評価されている。

関連する事例記事はこちらからご覧になれます

IT事例ライブラリー

関連キーワード

SHARE

あなたへのおすすめ

0570 ナビダイヤルでお待たせしない窓口を実現

2013.03.15

ここまでできる!コールセンターサービス最新事情

0570 ナビダイヤルでお待たせしない窓口を実現

ソーシャルウェアで顧客の声を素早く共有する

2012.10.02

顧客が喜び、受注につながる、新しい情報共有の形

ソーシャルウェアで顧客の声を素早く共有する

女性活躍推進の取り組み~ハラスメント問題を超えて

2014.01.16

最近のハラスメント問題から考える第3回

女性活躍推進の取り組み~ハラスメント問題を超えて

電話にメールにSNS……顧客対応に困ったら「Pure Cloud」が良い

2019.07.10

いま求められる“顧客接点の強化”第14回

電話にメールにSNS……顧客対応に困ったら「Pure Cloud」が良い

店舗の売上アップ施策には、Wi-Fiによる“人流解析”が効く

2019.07.03

いま求められる“顧客接点の強化”第13回

店舗の売上アップ施策には、Wi-Fiによる“人流解析”が効く

パラダイムシフトはすでにここまで来ている。「DX時代の顧客接点最新動向」

2019.06.28

いま求められる“顧客接点の強化”第12回

パラダイムシフトはすでにここまで来ている。「DX時代の顧客接点最新動向」

「デザイン思考」でサービス創出に挑む東北電力

2019.06.07

デザイン思考導入のアプローチ第2回

「デザイン思考」でサービス創出に挑む東北電力

東京都がAIチャットボットで実現する、24時間365日の問い合わせ対応

2019.06.07

いま求められる“顧客接点の強化”第11回

東京都がAIチャットボットで実現する、24時間365日の問い合わせ対応

オットージャパンがDXで目指す、One to Oneコミュニケーションとは

2019.05.31

いま求められる“顧客接点の強化”第10回

オットージャパンがDXで目指す、One to Oneコミュニケーションとは

人手不足から企業を救う「顧客接点のデジタル化」の価値とは

2019.04.26

いま求められる“顧客接点の強化”第9回

人手不足から企業を救う「顧客接点のデジタル化」の価値とは

高くても売れちゃう「絶妙な値段」の設定方法

2019.02.07

モノが売れない時代に売るテクニック

高くても売れちゃう「絶妙な値段」の設定方法