Bizコンパス

年末まで待ったなし!マイナンバーへの対応策とは
2016.04.08

あらためて考える、企業のマイナンバー対応

年末まで待ったなし!マイナンバーへの対応策とは

著者 Bizコンパス編集部

 マイナンバー制度のスタートに伴い、企業には従業員やその扶養家族のマイナンバーを収集して管理することが求められることになりました。このマイナンバーは、たとえば源泉徴収票の作成などに利用するわけですが、既存の業務システムへの影響が生じてしまうほか、重要な個人情報であるため厳密な管理が求められます。そのような負担を軽減しながら、既存のシステムを活かしてマイナンバーに対応する方法を解説します。

 

マイナンバー対応という大きな負担

 2016年1月、ついにマイナンバー(社会保障・税・災害対策)制度の運用が始まりました。12桁の番号を国民ひとりずつに割り当て、それを行政事務に利用するという制度であり、行政事務の効率化や各種給付の公平性の確保などを目的としています。

マイナンバー制度とは?

 このマイナンバーは、企業の業務にも大きく影響を及ぼします。代表的な例として挙げられるのが… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

関連する事例記事はこちらからご覧になれます

IT事例ライブラリー

SHARE

あなたへのおすすめ

マイナンバー活用で得られる企業のメリットとは

2015.07.10

いよいよ導入が迫る!「マイナンバー制度」

マイナンバー活用で得られる企業のメリットとは

他人事ではない!「日本年金機構・情報流出事件」考察

2015.06.19

標的型攻撃を念頭に自社のセキュリティ対策を再点検

他人事ではない!「日本年金機構・情報流出事件」考察

セキュリティ対策を軽視したCIOが更迭に!

2014.11.05

セキュリティトラブル事例徹底解剖!第1回

セキュリティ対策を軽視したCIOが更迭に!

セキュリティ人材不足を解決する“目から鱗”の方法

2016.03.18

待ったなしのセキュリティ対策にどう取り組むべきか

セキュリティ人材不足を解決する“目から鱗”の方法

企業のセキュリティ対策は“アウトソース”がカギ

2019.08.02

セキュリティリソースの不足をいかに補うべきか?第3回

企業のセキュリティ対策は“アウトソース”がカギ

終らないアラート対応に終焉を、ServiceNowとTenableが打ち出す脆弱性管理とは

2019.07.31

DXを加速させるITシステムの運用改革第9回

終らないアラート対応に終焉を、ServiceNowとTenableが打ち出す脆弱性管理とは

2020年、日本はサイバー攻撃の舞台となる? 今から始めるセキュリティ対策

2019.06.05

デジタル化の“第一歩”の踏み出し方後編

2020年、日本はサイバー攻撃の舞台となる? 今から始めるセキュリティ対策

フォーティネットに聞く、2019年版サイバー攻撃の防ぎ方

2019.05.17

セキュリティ対策に求められる新たな視点第5回

フォーティネットに聞く、2019年版サイバー攻撃の防ぎ方

あらゆるリスクを無害化する、「最強のセキュリティ対策」とは

2019.04.24

セキュリティ対策に求められる新たな視点第4回

あらゆるリスクを無害化する、「最強のセキュリティ対策」とは

みずほ情報総研が目指す、環境変化に即応可能なIT

2019.04.10

ビジネススピードを加速するIT基盤第20回

みずほ情報総研が目指す、環境変化に即応可能なIT

SD-LANソリューションを活用して高知工科大学が構築した「学内LAN」とは

2019.04.05

セキュリティ対策に求められる新たな視点 第3回

SD-LANソリューションを活用して高知工科大学が構築した「学内LAN」とは

大手旅行会社も採用する次世代型リモートアクセス、アカマイ「EAA」とは

2019.03.27

セキュアなリモートアクセス環境を構築する手法

大手旅行会社も採用する次世代型リモートアクセス、アカマイ「EAA」とは