NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

顧客が自分自身で問題を解決できてしまう「CSM」とは?
2019.11.19

DXを加速させるITシステムの運用改革第15回

顧客が自分自身で問題を解決できてしまう「CSM」とは?

著者 Bizコンパス編集部

 多くの企業でカスタマーサポートに用いられている「CRM」(Customer Relationship Management)は、顧客との関係構築を目的としたツールです。電話やメールなど、さまざまなチャネルを駆使して顧客を結びつけます。

 しかし今、CRM以上に、顧客満足度を高めるとともに、社内の業務生産性を向上させるアプローチが存在します。それが、「CSM(Customer Service Management)」です。

 CSMとは、一体、どのようなものなのでしょうか? CRMと比較した特長を解説します。

 

「連絡が取りやすい」だけでは顧客は満足しない

 CRMの効果を高めるために、顧客接点をオムニチャネル・マルチチャネル化したり、カスタマーセンターでの受け付けを24時間365日体制に切り替える、といった手法を取っている企業もあるかもしれません。とはいえ、このような改善だけで、顧客満足度が向上するとは言い切れません。

 電話、メール、チャットなど、さまざまなチャネルから、いつでもどこからでも問い合わせができる仕組みづくりは、確かに重要です。しかし顧客が本当に求めているのは、「連絡の取りやすさ」ではなく、「自身の問題を早期に解決すること」にあります。

 たとえばすぐにカスタマーセンターにつながったとしても、「なかなか商品が届かない」といったクレームや、「掃除機が壊れた原因を知りたい」といった問い合わせが解決できなければ、顧客満足度の向上は望めません。

 カスタマーサポートに用いられる一般的なCRMは、オムニチャネル・マルチチャネルに対応して、顧客接点を拡大するアプローチとしては大きな効果を発揮します。しかし、せっかくCRMで顧客とつながりやすい環境を構築しているにも関わらず、そのバックヤードで動く各部署との連携プロセスが、電話やメール頼りになっているケースは少なくありません。その結果、レスポンスに時間がかかる、誤った情報が伝えられてしまうといった問題が生じ、顧客に迷惑がかかってしまうことになります。バックヤード業務に関わる社内のメンバーにとっても、このような無駄な業務があっては生産的に働くことができません。

 このようなバックヤード業務で顧客満足度を高めるためには、プロセスの自動化遅れや漏れのない対応が非常に重要です。つまり、顧客の不満を解消するためには、CRMとは別のアプローチが必要になるということです。

 そこで登場するのが、CSMなのです。

 

CSMなら、顧客が自分自身で問題を解決できてしまう

 CSMは… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

この記事で紹介しているサービスについて

関連キーワード

SHARE

関連記事

コロナ後の社会に求められるデジタル変革とは?ServiceNow Japan社長が語る

2020.11.04

DXを加速させるITシステムの運用改革第32回

コロナ後の社会に求められるデジタル変革とは?ServiceNow Japan社長が語る

ニューノーマル時代に欠かせない“デジマのルール”とは

2020.09.25

これからの時代に求められるデータ利活用第5回

ニューノーマル時代に欠かせない“デジマのルール”とは

NTT ComがSmart CXで創る“新たな顧客接点”のカタチとは

2020.09.04

ニューノーマル時代におけるCXの新潮流第1回

NTT ComがSmart CXで創る“新たな顧客接点”のカタチとは

テレワーク化したコンタクトセンターは、コロナにも震災にも負けなかった

2020.09.02

いま求められる“顧客接点の強化”第30回

テレワーク化したコンタクトセンターは、コロナにも震災にも負けなかった

6割超の企業がマルチクラウド。どのように管理すべきなのか

2020.08.21

DXを加速させるITシステムの運用改革第29回

6割超の企業がマルチクラウド。どのように管理すべきなのか