Bizコンパス

輸出する果物の鮮度を、IoTとクラウドでキープする!物流会社が挑戦
2019.08.21

IoTを活用してビジネス価値を創造する第2回

輸出する果物の鮮度を、IoTとクラウドでキープする!物流会社が挑戦

著者 Bizコンパス編集部

 近年、IoTシステムの開発において「PoC(Proof of Concept:実証実験)」を実施するケースが増えています。PoCは、新システムのコンセプトが本当に実現可能なのか、実現するためにはどのような課題を解決すべきなのかを、机上での理論ではなく、実際に検証するプロセスです。

 グローバル規模で総合国際物流事業を展開する株式会社日新も、新たなビジネスに挑戦するために、PoCを実施しました。そのPoCとは、生鮮食品の鮮度を保持する梱包を、IoTとクラウドで管理するというものです。

【株式会社日新】

 1938年創業の国際物流企業。横浜で港湾輸送業者として発足し、以降、国内の主要港湾に事業を拡張。1968年からは国際複合一貫輸送業務をスタート。現在は国内および、海外(25か国)でビジネスを展開する。

 

日新の新サービスは、なぜ物流コストを抑えられるのか

 日新では2017年より、物流容器に新技術を活用することにより「開発」「管理」「運用」をワンストップで提供し、効率的で最適な物流の実現を目指す「ハコラボ」サービスを展開しています。

ハコラボの概要

 物流業界では、パレットやコンテナといった、荷物を安全にかつ効率よく運搬する物流容器が必需品となります。しかし、その多くは使い捨てとなっており、廃棄や新規調達にかかる費用も物流コストに含まれてしまいます。この物流容器を「使い捨て型」から、繰り返し使える「リターナブル型」に切り替えれば、こうしたコストはもちろん抑えられますが、切り替え後は利用者側に、物流容器の追跡や回収といった作業負担が発生してしまいます。

 ハコラボは、リターナブル型の物流容器を企業にサブスクリプションモデルで提供することで、物流容器を購入するための初期投資を抑え、管理・運用にかかる作業負担も軽減する点がメリットとなります。

「通常の物流業務では、お客様が物流容器を用意し、それを当社が預かって輸送するという形態がほとんどでした。しかし、商品ごとに容器の形態が異なるため、コンテナに積載する際にどうしても無駄なスペースが生じるという問題もありました。

 ハコラボは、お客さまや案件ごとに積載効率の良い専用容器を開発し、それをリユースしていくことで、物流業務全体の最適化を図る狙いもあります」

 

IoTとクラウドが、青果物の鮮度を“見守る”

 日新はこのハコラボの付加価値を高めるため、新たなチャレンジをスタートします。それは、青果物の鮮度を保持したまま海外へ海上輸送する「鮮度保持梱包」でした。梱包容器に… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

この記事で紹介しているサービスについて

SHARE

関連記事

IoTで水処理装置を監視しサービス向上を図るオルガノ

2019.01.25

IoTを活用してビジネス価値を創造する第1回

IoTで水処理装置を監視しサービス向上を図るオルガノ

IoTのエバンジェリストが語る、「第4次産業革命」に乗り遅れない方法

2019.05.24

デジタル化の“第一歩”の踏み出し方前編

IoTのエバンジェリストが語る、「第4次産業革命」に乗り遅れない方法

膨大なIoTデータに適したデータベースの選び方

2019.03.01

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第9回

膨大なIoTデータに適したデータベースの選び方

企業がIoTを諦める「3つのあるある」を回避する方法とは

2018.11.14

なぜ企業はIoT導入に失敗してしまうのか

企業がIoTを諦める「3つのあるある」を回避する方法とは

ローカル5Gは、「With/Afrerコロナ」における製造業をどう変えていくのか?

2020.07.03

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第2回

ローカル5Gは、「With/Afrerコロナ」における製造業をどう変えていくのか?

大林組のIoTシステムは、リストバンドで作業員の安全を守る

2020.04.28

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第40回

大林組のIoTシステムは、リストバンドで作業員の安全を守る

クボタはディープラーニングで焼却炉のエコ発電を目指している

2020.04.15

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第39回

クボタはディープラーニングで焼却炉のエコ発電を目指している

中部電力とNTT Comはどうやって点検データを「見える化」したのか

2020.04.10

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第38回

中部電力とNTT Comはどうやって点検データを「見える化」したのか

ベテランの知識やスキルを若手に伝える“技術”とは?

2020.03.18

デジタライゼーションの未来形第7回

ベテランの知識やスキルを若手に伝える“技術”とは?

「eSIM」がビジネスの現場にもたらす価値とは?NTT comが解説

2020.02.28

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第34回

「eSIM」がビジネスの現場にもたらす価値とは?NTT comが解説

法政大・西岡教授「製造業の未来は“匠の技”のデジタル化にかかっている」

2020.02.26

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第1回

法政大・西岡教授「製造業の未来は“匠の技”のデジタル化にかかっている」