企業のネットワークにおける通信量の増大と、柔軟性を欠くネットワーク構成は、将来のITインフラをデザインする上で大きな問題となっています。そのような問題を解決する選択肢のひとつとして、ネットワークをソフトウェアで制御する「SDN(Software Defined Networking)」の技術を利用し、柔軟なWANの構成を実現するサービスとして「SD-WAN(Software Defined WAN)」が注目を集めています。日立製作所は、このSD-WANを採用してネットワークインフラの変革に取り組んでいます。その背景や狙い、今後の展開などについて伺いました。

 日立グループは、電力・インフラシステムや情報・通信システム、建設機械、高機能材料など幅広い事業を展開し、さまざまな社会課題の解決に取り組んでいます。現在は同社の大きな強みである制御・運用技術(OT)とITを融合させた社会イノベーション事業に、ビッグデータ分析やAIといったデジタル技術を活用することで、人々のよりよい暮らしの実現をめざしています。

 

広範囲な事業展開に対応できる多様性と柔軟性を備えたインフラ構築が急務

 株式会社日立製作所(以下、日立製作所)で課題として浮かび上がっていたのが、事業領域の拡大に伴う業務でのIT利用を支えるネットワークインフラの変革でした。

 日立製作所 ITビジネスサービス本部統合ITプラットフォーム本部 本部長の里山元章氏は、SD-WAN採用を決めるに至った経緯を振り返ります。「日立グループでは幅広い事業を展開しているため、ネットワークに対して多様性と柔軟性が強く求められます。一方でコスト削減にも取り組む必要があり、いかにしてそれらの課題を解決するかが問われていました。その大きな方向性として、インターネットおよびクラウドサービスの積極的な活用が打ち出されました。世界中で安価に利用できるインターネットやパブリッククラウドに積極的に切り替えることで、多様性や柔軟性の確保とコスト削減を両立しようというものです」。

 この解決策として日立製作所が選択したのが、NTTコミュニケーションズの「SD-WAN ソリューション」のラインナップの1つで、NTTグループの北米における研究開発拠点であるNTT Innovation Institute, Inc.(通称、NTT i3)が開発を手掛けるCLOUDWANでした。ソフトウェアでネットワークを制御するSDNを以前から注目していたという里山氏は、ここにきて「本格的に使える時代が来たのでは」と判断し、SDNの技術を使ったSD-WANの導入に踏み切ったと言います。

 

SD-WANおよびNFVの積極的な活用で“持たないネットワーク”の実現へ

 SD-WANとは、ネットワークをソフトウェアで制御するSDNの技術をWANに適用し、ソフトウェアでさまざまな設定を行うことで柔軟なネットワーク構成を可能にするものです。

 SD-WANの魅力としてまず挙げられたのはアジリティ(敏捷性)の確保でした。里山氏は「ネットワークの構成を少し変更したい、あるいはアプリケーションに割り当てる帯域幅を変更したいといった場合、申請から作業が完了するまで数週間から数カ月かかることもあります。しかしながら世の中のサービスのスピードアップに合わせて、社内ITのスピードアップも図っていく必要があると思うのです。そこでネットワークもソフトウェア化して、できるだけ早く対応したいと考えました。それがSD-WANに期待しているものです」と説明します。

 SD-WANであれば、設定の変更やアプリケーション毎に割り当てる帯域幅の最適化をコントロールパネルからお客様自身で設定することが可能であり、ユーザー部門からの要請にも迅速に応えることが可能となるのです。

 さらに、SD-WANの導入を機に、「NFV(Network Function Virtualization)」を活用した、ネットワーク領域における資産および固定費の削減にも取り組んでいます。

 日立グループのように膨大な数の拠点を抱えている場合、それぞれの拠点にセキュリティ機器などを配備することになれば、その運用管理にかかる人員や費用は膨大なものとなります。しかしNFVでは、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

このテーマについてもっと詳しく知りたい

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

関連キーワード

連載記事