Bizコンパス

SkyKick社が語る「Office 365にバックアップが必要」なワケ
2019.06.14

ビジネススピードを加速するIT基盤第21回

SkyKick社が語る「Office 365にバックアップが必要」なワケ

著者 Bizコンパス編集部

 働き方改革や生産性向上を目的に、クラウド型グループウェアを導入する企業が増えています。ユーザーの多くは「リアルタイムでデータがバックアップされる」「サーバー側で十分なセキュリティ対策がされている」ことに信頼を寄せ、保存されたメールやファイルなどをデータのアーカイブやバックアップに活用していることも多いでしょう。

 しかし、サービスプランによってはデータに容量制限がある、サイバー攻撃やヒューマンエラーなど、データの消失理由によっては、復元ができない、保証対象外であるケースもあります。「バックアップされていると思っていたクラウド上のデータが、実は冗長化されているだけだった」これらはデータ消失後に気づく、「クラウドデータの落とし穴」といえます。

 そういった中で、世界的にマーケットが拡大しているのが「クラウドバックアップ」です。Office 365におけるクラウドバックアップのマーケットリーダーである米SkyKick, Inc.(以下、SkyKick)は、今春からNTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)と協業したサービス提供をスタートしました。日本企業で今後ニーズが見込まれる「クラウドバックアップ」について紹介します。

 

クラウドデータ消失の6割は、「うっかりミス」が原因

 SkyKickの「クラウドバックアップ」は、Office 365とは別のクラウド(Azure)上にデータ保管することで、期間・容量無制限でOffice 365のファイル消失時のデータ復元が可能なサービスです。同社の共同経営責任者であるトッド・シュワルツ氏は、Office 365でのデータバックアップにおいて、企業が見落としがちな点を次のように説明します。

「あるユーザー調査では、クラウド上で発生するデータロスの原因を調べたところ、およそ15%が“メールなどに起因するマルウェア・ランサムウェア被害”、15%が“悪意ある社員によるデータ消去や持ち出し”ということが分かりました。さらに、うっかりデータを消去するといった“ヒューマンエラー”が、60%という圧倒的な割合を占めていました。Office 365上のデータはリアルタイムで冗長化され、保護についてはMicrosoftが責任を担保されますし、クラウド基盤のセキュリティ対策についても多大な投資がされています。しかし、クライアント側に起因するセキュリティ被害、ヒューマンエラーがある限り、データ消失のリスクをゼロにすることは困難なのです」

 これらクライアント側に起因するデータロスは、Microsoft側の保証範囲には入っていません。トッド氏自身も社内データが消失するトラブルに遭遇した経験があり、それがOffice 365に特化したバックアップサービスを展開するSkyKick創業にもつながったといいます。

「SkyKickを立ち上げる前の話です。コラボレーションツール『SharePoint』にアップした7年分の財務情報フォルダが消える事件が起きました。社内の情報システム部門が総力を挙げて探しましたが見つからず、結局、データを作り直すことになりました。そのための損失は、数百時間におよぶ稼働、金額にすると数万ドル相当でした。同様の経験は、他の多くのユーザーからも聞かれました。クラウド上でのデータバックアップのニーズがこれから広がっていくと感じたのです」(トッド氏)

 

国内企業向け「クラウドバックアップ」サービスが登場

「クラウドバックアップ」は日本ではまだ馴染みがないサービスですが、グローバルでは「常識」となりつつあります。現在、SkyKickのサービスは、世界… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

この記事で紹介しているサービスについて

SHARE

関連記事

Office365やG suite等の利用増によるネットワークトラブルの解決策

2018.06.01

ビジネススピードを加速するIT基盤第15回

Office365やG suite等の利用増によるネットワークトラブルの解決策

使いやすくセキュリティも強化したリモートワーク、そんなオイシイ話は“ある”

2019.05.22

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第8回

使いやすくセキュリティも強化したリモートワーク、そんなオイシイ話は“ある”

企業のDXを推進!戦略的マルチクラウド活用を考える

2018.12.21

複雑化するマルチクラウド環境をどう構築すべきか

企業のDXを推進!戦略的マルチクラウド活用を考える

“届いてから最短10分”でテレワークを始める方法がある

2020.03.04

テレワーク導入の“壁”を解決第1回

“届いてから最短10分”でテレワークを始める方法がある

マルチクラウドを安全かつ快適に利用する方法とは

2020.05.07

これからの時代に求められるデータ利活用第3回

マルチクラウドを安全かつ快適に利用する方法とは

「2025年の崖」ではシステムの選び方が成否を分ける

2020.05.01

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第4回

「2025年の崖」ではシステムの選び方が成否を分ける

課題に直面するコンタクトセンターを救う3カ条とは

2020.04.16

いま求められる“顧客接点の強化”第25回

課題に直面するコンタクトセンターを救う3カ条とは

ベテランの知識やスキルを若手に伝える“技術”とは?

2020.03.18

デジタライゼーションの未来形第7回

ベテランの知識やスキルを若手に伝える“技術”とは?

2020年は予算をどう使うべき?内山悟志氏が「5つのITトレンド」で解説

2020.02.05

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第29回

2020年は予算をどう使うべき?内山悟志氏が「5つのITトレンド」で解説

マルチクラウドの活用に必要なクラウドマネジメントとは?

2020.01.31

DXを加速させるITシステムの運用改革第18回

マルチクラウドの活用に必要なクラウドマネジメントとは?