Bizコンパス

キリン堂が構築した事業競争を勝ち抜くネットワーク
2017.02.24

チェーンストアの事業戦略を支えるITインフラを構築

キリン堂が構築した事業競争を勝ち抜くネットワーク

著者 Bizコンパス編集部

 あなたの生活圏には、ドラッグストアが何店舗ありますか。比較的狭いエリアに同チェーンの店舗が出店していることはありませんか。広いエリアにまんべんなく店舗を設けるほうが収益も上がりそうですが、実は、地域の顧客を囲い込むためにはエリアを限定して密集させるのがセオリーです。関西圏で集中的に店舗を増やし続ける「キリン堂」もこの戦略を採用。その事業戦略を支えている、ネットワーク環境について解説します。

株式会社キリン堂ホールディングスについて

 キリン堂は、関西圏で1955(昭和30)年より「未病」をテーマに掲げているドラッグストアチェーンです。地域の皆さまの健康で潤いのある生活を実現すべく、セルフメディケーションの受け皿となる「かかりつけ薬局」の機能を充実させることを目指しています。そのキリン堂の経営管理や、それに付帯または関連する事業を行っているのが、株式会社キリン堂ホールディングスです。

記事概要

・キリン堂は、事業展開においてエリアを限定して店舗を密集させるドミナント戦略を採用していた

・その戦略には、好機を捉えた出店が不可欠だが、ネットワーク開設が間に合わないこと多々あり、スピーディーかつ安定したネットワーク構築が課題となっていた

・電話の管理も課題となっていたため、電話を含むネットワーク環境を「Arcstar Universal One」に統合

・サービス導入後、スピ―ディーな出店計画を支える柔軟なネットワーク対応が可能に

・ネットワーク故障はほぼゼロ。トータルな通信コストも大幅に削減できた

 

ドラッグストア業界の熾烈な競争を勝ち抜くために

 現在、全国にはコンビニをやや上回る数のドラッグストアがあります。そのうち7割が個人経営の小規模店舗で、トップの大手ドラッグストアのシェアは2.3%に過ぎず、マーケット・リーダー不在の低寡占市場になっています(MACアドバイザリー株式会社「薬局業界の最新動向より」)。しかし地域によっては寡占化が進んでいて、北海道、九州エリアなどではすでに単独のドラッグストアが覇権を握っていると言います。

 一方、関西圏では、まだ寡占化が進んでおらず、多くのドラッグストアがしのぎを削っている状況です。そんな中、関西圏で群雄割拠の戦いに挑んでいるドラッグストアがキリン堂です。

 同社ホールディングカンパニーであるキリン堂ホールディングス経営企画部長の小林剛久氏は「私たちは“楽・美・健・快”、地域のお客さまに楽しく、美しく、健康で快適な生活をお届けすることをスローガンとして事業展開を行っています。店舗数は全国に341店舗(2016年11月時点)、その大半を関西圏に集中させ、いずれは関西圏No.1のドラッグストアとなることを目指しています」と説明します。

 これまで同社では郊外型の店舗出店に注力してきましたが、今後は都市型の店舗にも注力する方針です。「現在、オフィス立地、ターミナル、繁華街という3領域での業態確立を目指しており、郊外のお住まいから仕事先、外出先の両方にお店がある“お客さまの便利性”を追求していこうと考えています。また、都市と郊外の境界部分の店舗への出店も進めています」と小林氏が語るように、今後も同社では関西圏での寡占化を狙ったハイペースな出店計画を進めていく方針です。

 

回線敷設がスピーディーなチェーン展開の妨げに

 こうした同社の事業を支えるのが、店舗などの拠点間を結ぶネットワーク環境です。とりわけ店舗ではPOSに加え、クレジットカードや電子マネー決済など、幅広いデータがやりとりされており、ネットワークの故障は業務に深刻な影響を及ぼします。同社の情報システム部長である矢ヶ部博文氏は「私たちの事業にとって、ネットワークは血液を全身に巡らせる血管です。絶対に止めるわけにはいかないので、従来は複数のベンダーで回線を二重化していました。しかしベンダー間の連携がうまくとれておらず、故障時にバックアップ回線に切り替わったまま運用を続け、バックアップ回線の故障時にネットワークそのものが使えないといったトラブルが多々ありました」と課題を挙げます。

 また新店舗への対応、設定変更などもベンダー任せになるため、そのたびにコストが発生していました。新店舗へのネットワーク敷設には、20万円弱のイニシャルコストが必要になっていたと言います。矢ヶ部氏は「決断から出店までのスパンは2カ月が目標ですが、そこにネットワークの開通が間に合わないこともあり、迅速な出店を妨げる要因の1つとなっていました。コストだけではなく、こうした敷設時間の短縮も課題でした」と付け加えます。そんな折、ベンダーの1社から… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

この記事で紹介しているサービスについて

SHARE

関連記事

“タブレット接客”を支える三城の運用保守体制とは

2015.03.18

加速する運用保守アウトソーシング第3回

“タブレット接客”を支える三城の運用保守体制とは

ネットワーク移行で押さえなければいけないポイント

2015.08.28

IT実務者のための「クラウド丸わかり」ガイド第2回

ネットワーク移行で押さえなければいけないポイント

キャスキッドソンが期限内にシステム更改できた理由

2016.04.22

現地IT担当なしで多店舗システム更改を実現!

キャスキッドソンが期限内にシステム更改できた理由

本社移転を機に固定電話を刷新!東京建物不動産販売

2015.09.11

社内外のコミュニケーションコストを削減!

本社移転を機に固定電話を刷新!東京建物不動産販売

「Flexible InterConnect」はマルチクラウドの課題を一掃する

2019.10.16

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第22回

「Flexible InterConnect」はマルチクラウドの課題を一掃する

みずほ情報総研が目指す、環境変化に即応可能なIT

2019.04.10

ビジネススピードを加速するIT基盤第20回

みずほ情報総研が目指す、環境変化に即応可能なIT

大手旅行会社も採用する次世代型リモートアクセス、アカマイ「EAA」とは

2019.03.27

セキュアなリモートアクセス環境を構築する手法第1回

大手旅行会社も採用する次世代型リモートアクセス、アカマイ「EAA」とは

テクノプロHDが選択したIT運用の最適解とは

2019.03.15

ビジネススピードを加速するIT基盤第19回

テクノプロHDが選択したIT運用の最適解とは

利便性とセキュリティを兼ね備えた「セキュアドPC」ができるまで

2018.11.21

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第7回

利便性とセキュリティを兼ね備えた「セキュアドPC」ができるまで

クラウドを快適に使うための解決策「IPoE」とは

2018.09.14

“インターネットが遅い”を解消!!

クラウドを快適に使うための解決策「IPoE」とは

クラウドへの移行で検討したい「4つの選択肢」

2018.08.24

モード1のクラウド化を推進せよ前編

クラウドへの移行で検討したい「4つの選択肢」

アカマイが打ち明けるCDNプラットフォームの裏側

2018.07.20

インターネットサービスを支えるネットワーク基盤

アカマイが打ち明けるCDNプラットフォームの裏側