Bizコンパス

ロン・デニス氏が語るマクラーレンの今と勝利の哲学
2016.10.11

マクラーレンの総帥が登壇!

ロン・デニス氏が語るマクラーレンの今と勝利の哲学

著者 Bizコンパス編集部

 2016年10月、鈴鹿サーキットで行われた「2016 FIA F1世界選手権シリーズ 第17戦 エミレーツ 日本グランプリ」に合わせ、マクラーレン・テクノロジーグループのエグゼクティブチェアマンであるロン・デニス氏が来日しました。ロン・デニス氏はこのレースの直前に開催された「NTT Communications Forum 2016」の基調講演に登壇し、マクラーレンの取り組む最先端テクノロジー事業とビジネスにおける勝利の哲学について語りました。

 

マクラーレングループが成すことすべてにおいて最高でありたい

 日本がF1ブームに沸いた1980年代後半、圧倒的な強さでレースを支配していたF1コンストラクターがマクラーレンでした。とりわけアラン・プロストとアイルトン・セナの2人のドライバーを擁して戦った1988年は、全16戦中15勝を挙げる快挙を成し遂げ、フェラーリやウィリアムズといったライバルチームに大きな差を付けてコンストラクターズチャンピオンに輝いています。このマクラーレン・テクノロジーグループを長年に渡って率いてきたロン・デニス氏は、F1チームのマネジメントのみならず、マクラーレン・オートモーティブにおいて「マクラーレン・P1」といった超高級スポーツカーのメーカーとして世界展開するなど、F1以外のビジネスの領域においてもその手腕を発揮しています。

 そのロン・デニス氏が2016年10月に来日し、東京都港区のザ・プリンスパークタワーで行われたNTT Com Forum 2016の基調講演において、NTTコミュニケーションズの代表取締役社長である庄司哲也氏とトークセッションを行いました。まず自己紹介したロン・デニス氏は自分自身の性格について「競争心が強い」と話し、「モータースポーツ産業界だけでなく、… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

関連する事例記事はこちらからご覧になれます

IT事例ライブラリ

SHARE

あなたへのおすすめ

GE、シーメンスが採用した「データ統合基盤」とは

2016.11.11

IoT先進企業が選んだデータプラットフォームに着目

GE、シーメンスが採用した「データ統合基盤」とは

IoTで車両や運転を管理するクラウドサービスとは

2016.01.15

いよいよ本格化!IoTはビジネスをどう変えるのか第10回

IoTで車両や運転を管理するクラウドサービスとは

データが産み出す新たなマネー

2016.06.24

デジタライゼーションの未来形第1回

データが産み出す新たなマネー

ドイツ「Industrie 4.0」現場レポート

2016.01.29

いよいよ本格化!IoTはビジネスをどう変えるのか第11回

ドイツ「Industrie 4.0」現場レポート

IoTのエバンジェリストが語る、「第4次産業革命」に乗り遅れない方法

2019.05.24

デジタル化の“第一歩”の踏み出し方前編

IoTのエバンジェリストが語る、「第4次産業革命」に乗り遅れない方法

主役は情シス、安く・早く・簡単に「ServiceNow」を始める新サービス

2019.05.08

DXを加速させるITシステムの運用改革第4回

主役は情シス、安く・早く・簡単に「ServiceNow」を始める新サービス

イノベーションを生み出す「デザイン思考」を実践するコツ

2019.04.19

デザイン思考導入のアプローチ第1回

イノベーションを生み出す「デザイン思考」を実践するコツ

文脈を理解しコンテンツを生成する、最新AIを解説

2019.04.17

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第12回

文脈を理解しコンテンツを生成する、最新AIを解説

情シスが“レガシー部門”になると、DXは進まない!

2019.03.29

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第10回

情シスが“レガシー部門”になると、DXは進まない!

次世代技術で企業をつなぎ、オープンイノベーションをサポート

2019.03.20

日本発のイノベーションを世界標準へ

次世代技術で企業をつなぎ、オープンイノベーションをサポート

膨大なIoTデータに適したデータベースの選び方

2019.03.01

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第9回

膨大なIoTデータに適したデータベースの選び方

事業と働き方の変革を支えるリコーグループのIT戦略

2019.02.22

ビジネススピードを加速するIT基盤第18回

事業と働き方の変革を支えるリコーグループのIT戦略