Bizコンパス

人工知能活用の切り札!?「ディープラーニング」とは
2016.01.20

人工知能(AI)はビジネスにどう活用されるのか第3回

人工知能活用の切り札!?「ディープラーニング」とは

著者 Bizコンパス編集部

 コンピューターが学習し、その結果を踏まえて適切に判断を行う。このような人工知能の活用を実現するための技術の一つとして、今最も注目を集めているのが「ディープラーニング」です。今回はこの技術の仕組みや最新動向について、詳しく解説していきます。

 

人間を超えた人工知能の画像認識率

 提示された写真に何が映っているのかをコンピューターに判断させ、その認識率を競い合う国際コンテストである「ILSVRC(ImageNet Large-scale Visual Recognition Challenge)」において、衝撃的な結果が発表されたのは2012年のことです。それまでは画像認識を誤った率である「エラー率」が25%を超えていましたが、2012年の優勝チームはエラー率を17%弱と大幅に低減することに成功したのです。

 その後も認識率は向上し続け、2015年には人間がテストした場合のエラー率(5.1%)を上回る、4.94%というエラー率を達成したとマイクロソフトが発表。さらに、12月にはマイクロソフトリサーチアジアが3.57%を達成しています。つまり画像に何が映っているのかを判断する領域では、すでにコンピューターが人間を上回っているのです。

 このように急激に画像認識精度が向上した背景には、「ディープラーニング」と呼ばれる技術の存在があります。現在、研究途上の技術であり、ディープラーニングを使って何ができるのかという問いかけに対する回答は諸説ありますが、確実に“できる”と言えるのが「画像や音声といったデータを読み取り、その内容を判断する」というものです。

 

従来の技術とディープラーニングの決定的な違い

 それでは、ディープラーニングは従来の人工知能を実現するための技術と何が異なっているのでしょうか。たとえば画像認識で考えた場合、もともと使われていたのは「赤くて丸いのはリンゴ」だというルールを人間が作り、そのルールに沿って画像に映っているものを判断する「ルールベース」と呼ばれる仕組みです。

 確かにリンゴは「赤くて丸いもの」ですが、それでは赤いボールはリンゴでしょうか。人間であればリンゴと赤いボールを区別できますが、上記のような簡単なルールでは両者の違いを識別できません。ルールを詳細化することでエラー率を下げることはできますが、そもそも正しく識別できる完全なルールを作ることは不可能です。これがルールベースの限界でした。

 続けて登場したのが… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

関連する事例記事はこちらからご覧になれます

IT事例ライブラリー

SHARE

あなたへのおすすめ

鍵は“3つのC”多拠点カメラクラウドソリューション

2015.12.25

進化するネットワークカメラを探る

鍵は“3つのC”多拠点カメラクラウドソリューション

IoTプロジェクトを成功に導く「7つのポイント」

2015.09.30

いよいよ本格化!IoTはビジネスをどう変えるのか第5回

IoTプロジェクトを成功に導く「7つのポイント」

人工知能を活用する最新セキュリティソリューション

2015.11.11

情報セキュリティ対策の最新事情第2回

人工知能を活用する最新セキュリティソリューション

“人工知能”活用でコンタクトセンターは進化する

2015.02.27

コンタクトセンター業界注目!

“人工知能”活用でコンタクトセンターは進化する

店舗の売上アップ施策には、Wi-Fiによる“人流解析”が効く

2019.07.03

いま求められる“顧客接点の強化”第13回

店舗の売上アップ施策には、Wi-Fiによる“人流解析”が効く

2020年、日本はサイバー攻撃の舞台となる? 今から始めるセキュリティ対策

2019.06.05

デジタル化の“第一歩”の踏み出し方後編

2020年、日本はサイバー攻撃の舞台となる? 今から始めるセキュリティ対策

IoTのエバンジェリストが語る、「第4次産業革命」に乗り遅れない方法

2019.05.24

デジタル化の“第一歩”の踏み出し方前編

IoTのエバンジェリストが語る、「第4次産業革命」に乗り遅れない方法

ゲームチェンジ“する側”に回るためのデータ活用術

2019.04.19

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第13回

ゲームチェンジ“する側”に回るためのデータ活用術

来客の受付から工場の異常検知まで、AIの適用範囲は広がっている

2019.04.17

第3回「AI・人工知能EXPO」レポート

来客の受付から工場の異常検知まで、AIの適用範囲は広がっている

情シスが“レガシー部門”になると、DXは進まない!

2019.03.29

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第10回

情シスが“レガシー部門”になると、DXは進まない!

磐田市で実証実験、低コストで実現するIoTを活用した見守りとは

2019.03.08

見守りサービスのコストの課題を解決

磐田市で実証実験、低コストで実現するIoTを活用した見守りとは