Bizコンパス

アジア各国へのハブ拠点、シンガポールが果たす役割
2015.12.22

世界の潮流に乗り遅れるな!海外進出のための手引き第4回

アジア各国へのハブ拠点、シンガポールが果たす役割

著者 Bizコンパス編集部

 アジア各国へのアクセスのよさや、政府による手厚い支援が受けられることから、多くの企業がアジア地域の統括会社を設置しているのがシンガポールです。今回は2002年にEPA(Economic Partnership Agreement/経済連携協定)を結ぶなど、日本との関係も深いシンガポールについて解説していきます。

 

建国50周年を迎え、勢いを増すシンガポール

 貿易と金融を軸に経済発展を重ね、今では“アジアの中心”とまで言われるようになったシンガポールは、2015年に建国50周年を迎えました。その記念すべき年に建国の父であるリー・クアンユー氏が亡くなるという悲報はありましたが、シンガポールの街のあちらこちらに「SG50」と描かれたロゴが掲げられ、さまざまなイベントが開催されるなど、大いに盛り上がりました。

 シンガポールはもともとマレーシアに属していましたが、マレーシアの政府与党である統一マレー国民組織と、シンガポール地域を基盤とする人民行動党の関係が悪化したことから、1965年に分離独立したという経緯があります。その後急速な経済発展を遂げ、わずか人口500万人でありながら名目GDPは3,000億ドルを超え、さらに1人当たりの名目GDPはアジアでトップとなる約56,286ドルに達しています。

 都市としての発展も目覚ましく、シンガポール中心部には地上57階に世界最大の屋上プールを持つマリーナベイサンズをはじめとする超高層ビルが建ち並ぶほか、ショッピングセンターや有名ブランド店が集まるオーチャード・ロードは多くの買い物客で賑わっています。A.T.カーニーが発表した2015年の世界都市指数において、シンガポールはロサンゼルスやシカゴに続く8位に位置付けられており、名実ともに東南アジアを代表する都市に成長しました。

 

アジア各国をつなぐハブとしての役割

 日系企業の進出先としてシンガポールを見た場合、まず魅力的なのは… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

関連する事例記事はこちらからご覧になれます

IT事例ライブラリー

SHARE

あなたへのおすすめ

グローバルにIT統合を推進する旭硝子の選択とは

2015.04.24

グローバルビジネスの課題解決に挑む!

グローバルにIT統合を推進する旭硝子の選択とは

基幹系システムも“クラウドファースト”へ!

2015.04.08

いまどきのクラウド活用講座第2回

基幹系システムも“クラウドファースト”へ!

海外子会社にERPを導入するために大切なこととは

2013.11.22

基幹システムの海外展開事例

海外子会社にERPを導入するために大切なこととは

コストや開発期間を約5割削減したDNPのIT戦略

2014.12.10

事例に学ぶグローバルビジネスを支えるクラウド環境第2回

コストや開発期間を約5割削減したDNPのIT戦略

みずほ情報総研が目指す、環境変化に即応可能なIT

2019.04.10

ビジネススピードを加速するIT基盤第20回

みずほ情報総研が目指す、環境変化に即応可能なIT

東南アジアのベンチャー企業が日本のピッチイベントに参加する理由とは

2019.03.06

新たなイノベーションはアジアから始まる第2回

東南アジアのベンチャー企業が日本のピッチイベントに参加する理由とは

オープンイノベーションの糸口は東南アジアスタートアップ

2019.02.14

新たなイノベーションはアジアから始まる第1回

オープンイノベーションの糸口は東南アジアスタートアップ

IT運用の在り方が、ビジネスの成長を左右する

2018.10.03

DXを加速させるITシステムの運用改革第3回

IT運用の在り方が、ビジネスの成長を左右する

ERPのクラウド化、最適なサービスをどう選ぶ?

2018.09.19

モード1のクラウド化を推進せよ後編

ERPのクラウド化、最適なサービスをどう選ぶ?

インフォアジャパンが示すERPクラウド化のカギとは

2018.06.29

ビジネススピードを加速するIT基盤第16回

インフォアジャパンが示すERPクラウド化のカギとは

進出先として人気のベトナムの魅力と意外なリスク

2018.06.20

実践に学ぶグローバルIT戦略第3回

進出先として人気のベトナムの魅力と意外なリスク