NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

大林組が目指す、建設現場での安全作業を見守るIoT
2015.07.22

いよいよ本格化!IoTはビジネスをどう変えるのか第3回

大林組が目指す、建設現場での安全作業を見守るIoT

著者 Bizコンパス編集部

 IoTでインターネット/ネットワークにつなげる“モノ”の一つに人体センサーが挙げられます。心拍数などのバイタルデータをリアルタイムに収集する仕組みがあれば、健康管理を含むさまざまな用途で活用できるでしょう。このようにIoTを利用し、建設現場における安全性の向上を図る大林組の取り組みについて、技術本部の岩波氏と建築本部の森川氏にお話を伺いました。

 

ITを積極的に活用してきた大林組の新たな取り組み

 厚生労働省が発表した「職場における熱中症による死傷災害の発生状況(PDF)」という資料によれば、2010年の熱中症の死傷者数(死亡者および4日以上の業務上疾病者の数)は656人にも達し、その後も400人から500人で推移していることから「依然として高止まりの状態にある」としています。業種別に見ると、2010年から2014年の合計において、もっとも多いのは建設業でした。

 このように熱中症対策が大きな課題となっている建設業において、ICTそしてIoT(Internet of Things)の力を積極的に活用し、建設就労者が安全に働ける環境の整備を目指しているのが… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

この記事で紹介しているサービスについて

SHARE

関連記事

機器間無線通信(M2M)を支えるモバイルサービス

2013.05.17

無線の本格導入で進化する遠隔監視・制御ビジネス

機器間無線通信(M2M)を支えるモバイルサービス

1,400兆円の利益を生む「モノのインターネット」とは

2013.08.13

海外IT動向ウォッチング第6回

1,400兆円の利益を生む「モノのインターネット」とは

鹿島建設が実現したグローバルなBIM活用基盤とは

2015.05.08

事例に学ぶグローバルビジネスを支えるクラウド環境第5回

鹿島建設が実現したグローバルなBIM活用基盤とは

WAN最適化で次世代のグローバルIT基盤を構築

2013.11.08

運用サポートアウトソーシング事例第3回

WAN最適化で次世代のグローバルIT基盤を構築

DX部門を立ち上げたらどうなるのか?実際の企業に見る、DXの理想と現実

2020.11.20

これからの時代に求められるデータ利活用第7回

DX部門を立ち上げたらどうなるのか?実際の企業に見る、DXの理想と現実

DX推進の軸となる「データレイク」とは?データウェアハウスとの違いは?

2020.10.14

これからの時代に求められるデータ利活用第6回

DX推進の軸となる「データレイク」とは?データウェアハウスとの違いは?