Bizコンパス

日本と海外を結ぶ国際海底ケーブルの敷設方法に迫る
2014.03.12

グローバル通信インフラ講座第2回

日本と海外を結ぶ国際海底ケーブルの敷設方法に迫る

著者 江嶋 徹

 インターネット、国際電話、さらには企業用の国際専用線、VPNなど、いま日本と海外はさまざまなネットワークで結ばれています。そのネットワークの通り道となる国際海底ケーブルの敷設には、じつは大変な手間と労力が必要です。距離にすると数千kmにもなるケーブルを、深いところでは水深8,000mもある海底にどのような方法で敷設していくのでしょうか。

 「グローバル通信インフラ講座」第2回では、100年を超える海底ケーブル敷設の実績を持つNTTワールドエンジニアリングマリン株式会社にお伺いして、国際海底ケーブルの敷設方法をレポートしていきます。

 

リスクを避けて、なるべく最短距離でルートを設計

 国際海底ケーブルの敷設は、地図の上にペンで直線を引くようにはいきません。敷設を円滑に進めるためには“的確な設計”が必要となります。

 設計のポイントは2つ。まず「どこにケーブルを陸揚げ(陸に引き上げること)するか」。陸上のネットワークとつながりやすく、陸揚げの作業が容易な地点を選びます。

 次に「どういうルートを選定するか」。いろいろなリスクを避けつつ、なるべく最短距離で陸と陸の間を結ぶルートに目星をつけ、海図などを使って慎重にルートを選定していきます。
 これらに共通するケーブル敷設の条件とは、地形と利害関係への配慮です。… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

江嶋 徹

江嶋 徹

コピーライター

有限会社インクス広告制作所 代表。コンピュータ、周辺機器、ネットワーク、半導体といったIT系を中心に、省庁、化粧品、FMステーション、金融商品などの広告、SPツールのディレクション、コピーライティングを幅広く担当。ITをシンプル、わかりやすい文章で伝えることを信条としている。

関連する事例記事はこちらからご覧になれます

IT事例ライブラリー

SHARE

あなたへのおすすめ

グローバルネットワーク構築の鍵を握る「通信品質」

2013.09.06

これなら分かるグローバルネットワーク構築の“鍵”

グローバルネットワーク構築の鍵を握る「通信品質」

安定した国際通信を低コストで~グローバルVPN~

2013.01.21

海外進出の強い味方! グローバルVPN

安定した国際通信を低コストで~グローバルVPN~

グローバルIT基盤を実現する4つのプロセスとは?

2014.01.22

新春特別企画・グローバル最前線第3回

グローバルIT基盤を実現する4つのプロセスとは?

「ネットワークサービスを196カ国に拡大」等23本

2014.01.16

Bizコンパスセレクト・注目のニュースリリース第25回

「ネットワークサービスを196カ国に拡大」等23本

ケーブル敷設船「きずな」就航!その最新技術に迫る

2017.06.16

グローバル通信インフラ講座第6回

ケーブル敷設船「きずな」就航!その最新技術に迫る

Criteoのアジア進出の基盤となったITインフラとは

2016.07.22

アドテク先端企業の事業拡大を支えるインフラを構築

Criteoのアジア進出の基盤となったITインフラとは

3.11の復旧活動で得た気付きを生かさねばならない

2016.02.24

東日本大震災から5年、BCP対策の最新事情第3回

3.11の復旧活動で得た気付きを生かさねばならない

アジア各国へのハブ拠点、シンガポールが果たす役割

2015.12.22

世界の潮流に乗り遅れるな!海外進出のための手引き第4回

アジア各国へのハブ拠点、シンガポールが果たす役割

サービスをつなぎ続ける運用保守のプロ集団に迫る

2015.05.15

通信インフラの基礎知識第2回

サービスをつなぎ続ける運用保守のプロ集団に迫る

ケーブルが走る地下トンネル「とう道」の秘密に迫る

2015.03.27

通信インフラの基礎知識第1回

ケーブルが走る地下トンネル「とう道」の秘密に迫る

国際海底ケーブルの両端に位置する陸揚局の仕事

2014.04.02

グローバル通信インフラ講座第5回

国際海底ケーブルの両端に位置する陸揚局の仕事

国際海底ケーブルの安全は誰が見守っている?

2014.03.26

グローバル通信インフラ講座第4回

国際海底ケーブルの安全は誰が見守っている?