Bizコンパス

「ミュゼプラチナム」がクラウドを選んだ理由とは
2015.08.21

コールセンターと基幹システムの一部をクラウド化

「ミュゼプラチナム」がクラウドを選んだ理由とは

著者 Bizコンパス編集部

 多くの企業において電話環境のクラウド化が進んでいる中、昨今ではコールセンターを支えるPBXやACD、IVRといったシステムをクラウド上で提供するサービスを活用する事例が増えています。その一社が「ミュゼプラチナム」を運営するジンコーポレーションです。同社は、業務システムを支えるインフラとしてもクラウドを活用。そこにはどのような背景があるのでしょうか。

 

季節による需要の増減に対応できるシステムを模索

 お客さま主義を徹底し、適正価格で安心感のあるサービスを提供することで大きな成長を遂げているのがジンコーポレーションです。美容脱毛サロンとして多くの女性に支持されている「ミュゼプラチナム」を運営する株式会社ジンコーポレーションを中核に、不動産仲介業などを展開するジンコミュニケーションズ、ミュゼプラチナムの海外出店と運営・管理を担う株式会社ジンインターナショナルなど、多くのグループ企業が事業領域を越えて連携し、トータルで顧客をサポートするための体制を構築していることが強みとなっています。

 そのジンコーポレーションのIT環境において、長年の悩みとなっていたのが季節ごとに変動する需要への対応でした。特に美容脱毛サロンは、夏場に大きく需要が伸びます。そこで2年ほど前から検討されることになったのがクラウドの活用です。戦略企画本部開発部部長である佐藤義博氏は、その経緯を次のように説明します。

「需要が大きい夏場に合わせると、ハードウェアに対する投資が最初から大きく膨れあがってしまい、さらに夏場以外の季節ではリソースを余らせることになります。そのような需要の変動に柔軟に対応できるものは何かと考えたときに、クラウドがベストなのではと考えたことが最初のきっかけです」

 特に大きな課題となっていたのが、コールセンターで使われていたPBXでした。コールセンター事業部コールセンター長の石島謙作氏は、以前の課題について「従来のコールセンターシステムはオンプレミス型でしたので、業務環境を整えるためにはシステムに手を加えねばならず、コール数の急増に応じた柔軟な対応が困難でした」と説明します。

 

クラウドの活用でトータルコストを大幅に削減

 そこで同社が着目したのは、… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

この記事で紹介しているサービスについて

SHARE

関連記事

コンタクトセンターも“クラウドファースト”へ!

2015.02.18

「電話もクラウド」の時代がやってきた!第4回

コンタクトセンターも“クラウドファースト”へ!

BI戦略成功は「電話のマーケティング活用」がカギ

2015.06.03

電話環境の見直しで売り上げ拡大を図る第1回

BI戦略成功は「電話のマーケティング活用」がカギ

10年先を見据えたコンタクトセンターの在るべき姿

2015.08.07

競合に差を付ける!顧客視点に立ったIT施策

10年先を見据えたコンタクトセンターの在るべき姿

基幹系システムも“クラウドファースト”へ!

2015.04.08

いまどきのクラウド活用講座第2回

基幹系システムも“クラウドファースト”へ!

音声認識とAIで「新人が即戦力になる」コンタクトセンターとは

2020.03.27

いま求められる“顧客接点の強化”第24回

音声認識とAIで「新人が即戦力になる」コンタクトセンターとは

ビジネスをデジタル化する鍵は「音声」にあり

2020.03.26

アナログなビジネスをデジタルに変える第2回

ビジネスをデジタル化する鍵は「音声」にあり

コールセンターの業務量予測をより正確にする4つの評価手法

2020.03.13

AI時代を生き抜く「本物」のコールセンター運営法第14回

コールセンターの業務量予測をより正確にする4つの評価手法

コールセンターのサービスレベル達成には「スケジュール遵守率」が鍵

2020.01.28

AI時代を生き抜く「本物」のコールセンター運営法第13回

コールセンターのサービスレベル達成には「スケジュール遵守率」が鍵

中の人が語る、コールセンターがいつも「つながらない」理由

2020.01.09

コールセンターの現場から第3回

中の人が語る、コールセンターがいつも「つながらない」理由

人手もお金も足りなくても、コンタクトセンターは運営できる

2019.12.20

コールセンターの現場から第2回

人手もお金も足りなくても、コンタクトセンターは運営できる