Bizコンパス

【2015年新春企画】注目すべき技術やクラウドの将来
2015.01.09

クラウド・エバンジェリスト林雅之が語る!後編

【2015年新春企画】注目すべき技術やクラウドの将来

著者 Bizコンパス編集部

 クラウドの現状や業界動向についてお話を伺った前回に引き続き、NTTコミュニケーションズのクラウド・エバンジェリストである林雅之氏にお話を伺いました。後編では、これから注目すべき技術やクラウドの将来について語っていただきました。

 

クラウドの世界で広がりつつあるオープンソース

 クラウド上で何らかのサービスを提供する際、必要となるのがサービスを制御するためのクラウド基盤ソフト(クラウドOSなどとも呼ばれる)です。具体的には、仮想サーバーやストレージ、ネットワークの管理を行うほか、ユーザーがクラウドを操作するためのインターフェイスを提供する際などに利用します。このクラウド基盤ソフトとしては「VMware vSphere/vCenter」やマイクロソフトの「System Center」などがあるほか、Amazon Web Servicesでは「Amazon Elastic Compute Cloud(EC2)」を提供するためのクラウド基盤ソフトを独自に開発しています。

 こうしたクラウド基盤ソフトにおいて、注目されつつあるのがオープンソースのソフトウェアであり、中でも人気を集めているのが「OpenStack」です。ヒューレット・パッカードの「HP Helion」やNECの「NEC Cloud IaaS」、NTTコミュニケーションズの「Bizホスティング Cloudn」などにおいて使われており、シェアは前年と比較してほぼ倍に伸びています。

「ユーザーにとって、オープンソースのクラウド基盤ソフトが使われているクラウドサービスを利用するメリットとして、事業者によるクラウドロックインの回避につながることが挙げられるでしょう。特に独自に開発したクラウド基盤ソフトを利用しているクラウドサービスを使った場合、コスト面などからほかのクラウドに移行したいと考えても、互換性の有無や運用の差異により簡単に移行することはできません。しかし同じOpenStackを使ったクラウドサービスであれば、そのようなロックインのリスクは少なく、必要に応じて柔軟にクラウドサービスを乗り換えることができます。またオープンなAPIを利用し、異なるベンダーのクラウドサービス間を横断的に運用管理するといった仕組みも考えられるでしょう」(林氏)

 

続々と登場する「オープンソース型PaaS」

 将来的には、オープンソースのクラウド基盤ソフトを使ったサービスが主流派になる可能性もあると林氏は指摘します。

「たとえばスマートフォンの世界において、多くのメーカーが使えるAndroidが広まったように、OpenStack、あるいは同じくオープンソースのCloudStackを採用する事業者が増えていく可能性は高いでしょう。現在人気を集めているAmazon EC2は熱狂的なファンに支えられている側面がありますが、これからさらにクラウドがマーケットに浸透していくと、Androidと同様にオープンソース系のクラウドサービスのシェアが徐々に高まり、OpenStack/CloudStackを使うクラウドサービスのシェアを足し算すると、Amazon EC2と同等規模になる可能性はあると考えています」

 もうひとつ注目すべき動きは、「Cloud Foundry」や「OpenShift」といったオープンソースのPaaS基盤の広まりでしょう。… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

関連する事例記事はこちらからご覧になれます

IT事例ライブラリ

SHARE

あなたへのおすすめ

世界各国へ高速転送「大容量ファイル転送サービス」

2014.10.10

あの大手自動車メーカーもすでに導入していた!

世界各国へ高速転送「大容量ファイル転送サービス」

海外展開の鍵は基幹系システムのクラウド化にあり

2014.01.29

新春特別企画・グローバル最前線第4回

海外展開の鍵は基幹系システムのクラウド化にあり

オンプレミスのクラウド化─メリットと注意点

2014.10.01

徹底解説!基幹系システムのクラウド移行第1回

オンプレミスのクラウド化─メリットと注意点

グローバルIT基盤を実現する4つのプロセスとは?

2014.01.22

新春特別企画・グローバル最前線第3回

グローバルIT基盤を実現する4つのプロセスとは?

みずほ情報総研が目指す、環境変化に即応可能なIT

2019.04.10

ビジネススピードを加速するIT基盤第20回

みずほ情報総研が目指す、環境変化に即応可能なIT

SD-LANソリューションを活用して高知工科大学が構築した「学内LAN」とは

2019.04.05

セキュリティ対策に求められる新たな視点 第3回

SD-LANソリューションを活用して高知工科大学が構築した「学内LAN」とは

大手旅行会社も採用する次世代型リモートアクセス、アカマイ「EAA」とは

2019.03.27

セキュアなリモートアクセス環境を構築する手法

大手旅行会社も採用する次世代型リモートアクセス、アカマイ「EAA」とは

テクノプロHDが選択したIT運用の最適解とは

2019.03.15

ビジネススピードを加速するIT基盤第19回

テクノプロHDが選択したIT運用の最適解とは

事業と働き方の変革を支えるリコーグループのIT戦略

2019.02.22

ビジネススピードを加速するIT基盤第18回

事業と働き方の変革を支えるリコーグループのIT戦略

戦略的なIT投資で実現する、ハイブリッドなクラウドの作り方

2019.01.11

ビッグデータ時代のクラウド構築後編

戦略的なIT投資で実現する、ハイブリッドなクラウドの作り方

クラウドとネットワーク活用で経営戦略を強化する花王

2019.01.09

基幹システムのクラウド化とグローバルネットワーク

クラウドとネットワーク活用で経営戦略を強化する花王

企業のDXを推進!戦略的マルチクラウド活用を考える

2018.12.21

複雑化するマルチクラウド環境をどう構築すべきか

企業のDXを推進!戦略的マルチクラウド活用を考える