Bizコンパス

ディープラーニングの第一人者が語るAIのビジネス活用最前線~こんなAIがうまくいく!
2016.11.04

Bizコンパス会員限定セミナー第2回

ディープラーニングの第一人者が語るAIのビジネス活用最前線~こんなAIがうまくいく!

著者 Bizコンパス編集部

 皆さまの日頃のご愛顧に感謝して、このたびBizコンパス会員さま限定のセミナーを開催いたします。この機会にぜひご参加ください。

 本セミナーは“本気でディープラーニングを活用したい企業のための”実践セミナーです。ディープラーニングの第一人者であるクロスコンパス・インテリジェンス社代表取締役の佐藤聡氏が登壇!「AIのビジネス活用最前線」を語ります。また先日のITpro EXPOで「ITpro EXPO AWARD 2016大賞」を受賞した「IoT×AI ディープラーニングによるデータ分析」では「化学プラント」と「自動車」向け事例を受賞者自ら解説します。

開催概要

日時 2016年12月6日(火)14:30~17:00(受付開始14:00~)
会場 汐留ビルディング11階プレゼンテーションルーム
東京都港区海岸1-2-20(最寄駅:JR浜松町駅・都営地下鉄大門駅)
定員 50名(申込みが定員を超えた場合、抽選となります。ご了承ください。)
対象 Bizコンパス会員の方(会員登録して頂ければ申込可能です)
主催 Bizコンパス(NTTコミュニケーションズ株式会社)

セミナー申込み受付は終了しました。
たくさんのお申込み、ありがとうございました。

内容≪当日プログラム≫

14:00 受付開始
14:30-15:30

【基調講演】『ディープラーニング活用の勘所 ~こうすればうまくいく!?~』
株式会社クロスコンパス・インテリジェンス 代表取締役社長 佐藤 聡 氏

製造現場を始め、マーケティングや人材活用、医療や株価予測など多岐にわたる分野への応用が進見つつあるAIですが、いざ具体的なプロジェクトを進めるとなったときに行き詰まるケースも多いのではないのでしょうか。
ディープラーニングの第一人者である佐藤氏に「AIとはなにか」に始まり、いざ具体的に推進するにあたって押さえるべきことや進め方について具体的事例を交えて解説していただきます。

15:30-16:10

【講演】『IoT×AI~ディープラーニングによるデータ分析~』
NTTコミュニケーションズ株式会社 技術開発部 伊藤 浩二 氏

三井化学(株)様と共同で取り組んでいる、原材料やプラントの運転状況などのデータをディープラーニングで解析し、プラントの異常予知やセンサーの故障検知に役立てる「化学プラントディープラーニング」。日本カーソリューションズ(株)様と共同で取り組んでいる、カメラ映像、スピード、加速度センサーなどのデータをディープラーニングで解析し、ヒヤリハットシーンを自動検出する「自動車向けディープラーニング」。NTTコミュニケーションズの2つのディープラーニングの取組事例をご紹介いたします。
ITpro EXPO AWARD 2016 大賞受賞

16:10-16:20 休憩
16:20-17:00

【講演】ネットの採点はウソ?
    美味しいラーメン店を見つける「裏技」オフレコで教えます
株式会社ラーメンデータバンク 取締役会長 大崎 裕史 氏

ネットにはあらゆるグルメの情報が溢れており、中には“星”や点数で店を採点するサイトもあります。しかし、その採点基準は頻繁に変わったり、「点数が操作されている」と疑われているものもあります。
果たしてサイトの採点は本当に正しいのか?どのような仕組みでランク付けされているのか?ネットの採点が低くても美味しい店はあるのか? ネットの採点に左右されず、美味しい店を見抜くにはどうすれば良いか?業界の裏話を“オフレコ”で語ります。

17:00 終了予定

講師紹介

佐藤 聡(さとう あきら)氏
株式会社クロスコンパス・インテリジェンス 代表取締役社長

2011年AIベンチャーの株式会社クロスコンパスを設立。
ディープラーニング活用プロジェクト多数(50件以上)実施。
企業に向けたAI開発サービスを提供をするとともに、AI技術の民主化を目指して、プラットフォーム構築を進めている。

伊藤 浩二(いとう こうじ)氏
NTTコミュニケーションズ株式会社
技術開発部 データサイエンス&AI Technical Unit 担当課長

1998年 日本電信電話株式会社 情報通信研究所入所。2002年 NTTレゾナント、NTTサービスエボリューション研究所などでAI関連技術(Semantic Web)を用いた情報のパーソナライゼーションに関する研究開発に従事。
2015年 NTTコミュニケーションズにてディープラーニングを扱うチームを立ち上げ。ディープラーニングを用いた数々のデータ分析事例に携わり、AI、ディープラーニングの産業応用によるビジネスの課題解決に取り組み、技術開発を進めている。

大崎 裕史(おおさき ひろし)氏
株式会社ラーメンデータバンク取締役会長 日本ラーメン協会理事

毎年駒沢オリンピック公園で開催されている東京ラーメンショー実行委員長。自称「日本一ラーメンを食べた男」(2016年8月で約23,000杯)として雑誌やテレビに出演。ラーメン集合施設やカップ麵などの監修も多数の実績あり。著書として「日本ラーメン秘史」(日本経済新聞出版社)、「無敵のラーメン論」(講談社現代新書)、他。

セミナー申込み受付は終了しました。
たくさんのお申込み、ありがとうございました。

関連する事例記事はこちらからご覧になれます

IT事例ライブラリー

関連キーワード

SHARE

あなたへのおすすめ

企業と消費者の間にある「大きな溝」はどうすれば埋められるか?

2019.08.09

いま求められる“顧客接点の強化”第16回

企業と消費者の間にある「大きな溝」はどうすれば埋められるか?

店舗の売上アップ施策には、Wi-Fiによる“人流解析”が効く

2019.07.03

いま求められる“顧客接点の強化”第13回

店舗の売上アップ施策には、Wi-Fiによる“人流解析”が効く

有識者が語る「ディープラーニングのビジネス活用のリアル」

2019.06.28

「Deep Learning Lab 2周年記念イベント」レポート

有識者が語る「ディープラーニングのビジネス活用のリアル」

パラダイムシフトはすでにここまで来ている。「DX時代の顧客接点最新動向」

2019.06.28

いま求められる“顧客接点の強化”第12回

パラダイムシフトはすでにここまで来ている。「DX時代の顧客接点最新動向」

東京都がAIチャットボットで実現する、24時間365日の問い合わせ対応

2019.06.07

いま求められる“顧客接点の強化”第11回

東京都がAIチャットボットで実現する、24時間365日の問い合わせ対応

IoTのエバンジェリストが語る、「第4次産業革命」に乗り遅れない方法

2019.05.24

デジタル化の“第一歩”の踏み出し方前編

IoTのエバンジェリストが語る、「第4次産業革命」に乗り遅れない方法

人手不足から企業を救う「顧客接点のデジタル化」の価値とは

2019.04.26

いま求められる“顧客接点の強化”第9回

人手不足から企業を救う「顧客接点のデジタル化」の価値とは

ゲームチェンジ“する側”に回るためのデータ活用術

2019.04.19

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第13回

ゲームチェンジ“する側”に回るためのデータ活用術

来客の受付から工場の異常検知まで、AIの適用範囲は広がっている

2019.04.17

第3回「AI・人工知能EXPO」レポート

来客の受付から工場の異常検知まで、AIの適用範囲は広がっている

文脈を理解しコンテンツを生成する、最新AIを解説

2019.04.17

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第12回

文脈を理解しコンテンツを生成する、最新AIを解説

三宅陽一郎が語る、人と人工知能が共生する世界とは

2019.04.01

人工知能ってなんだろう?

三宅陽一郎が語る、人と人工知能が共生する世界とは