営業にダマされない! ITサービスの選び方(第2回)

営業にダマされない! ネットセキュリティの選び方

2013.09.13 Fri連載バックナンバー

 インターネットセキュリティベンダーは今や“百花繚乱”とでも言うべき様相を呈しています。企業のセキュリティ対策への気運の高まりもあり、その営業活動の勢いはIT業界随一と言ってもいいでしょう。もともと安全のために導入する製品であることから、営業マンに不安を煽られるとつい正常な判断ができなくなってしまうおそれもあります。そうならぬよう、ありがちな失敗例をご紹介しましょう。

 

海外でのシェアの高さに惑わされる

営業担当

<営業担当>

 ご存じないかもしれませんが、当社のUTM製品は北米ではシェアナンバーワンの実績があるんですよ。ITの世界はグローバル標準が進んでいますから、セキュリティ対策でも世界で評価されている当社のUTMであれば万全ですよ


情報システム担当

<情報システム担当>

 北米ではトップシェアというのが決め手となりA社のUTM製品を導入した。確かにしばらくは問題なく稼働していたが、ある時不具合が発生したので営業担当者に問い合わせたところ「現地のエンジニアに問い合わせていますのでもうしばらくお待ちください」と答えるばかりでいつまで待っても解決策が示されない。そこで自分でネットで調べてみたのだが、トラブル解決に関する日本語の情報は存在せず、結局UTMを外すはめになってしまった。

 セキュリティベンダーには海外に本社を置くところが数多く存在します。そして日本では知名度が低くても欧州、米国などでは高いシェアを持つベンダーも少なくないのも事実です。だからといって、海外でのシェアの高さを売り文句にされた場合は十分な注意が必要です。それは、何か問題が起きた時のサポート体制に不安があるからです。そうしたベンダーの日本法人には技術的なことがわかるスタッフが存在しなかったり、自力でネットで調べてみてもまともな情報が見つからなかったりといった事がありがちです。

 自社にセキュリティの専門知識が豊富なエンジニアがいる場合はともかく、そうでなければ国内ベンダーが提供し手厚いサポートが受けられる製品を選択するのが無難と言えるでしょう。

 

「UTMは万能」の言葉を鵜呑みにしてしまう

営業担当

<営業担当>

 あらゆるセキュリティ機能を1つの箱に集約したのがUTM製品ですから、これさえ入れておけば御社のセキュリティ対策はバッチリですよ


情報システム担当

<情報システム担当>

 UTM製品を導入したので安心していたところ、1人の社員のPCがウイルスに感染したのをきっかけに大切な顧客情報が漏えい、取引先に対する信用を失墜してしまった。
 ベンダーに抗議したところ、「PCのウイルス感染はUTMでは防げない」とあっさり言われた。

 UTM製品は、あくまで外部と社内ネットワークとの境界であるゲートウェイでのセキュリティ対策を担うものであって、クライアントPCなどエンドポイントのセキュリティには効果を発揮できません。「これさえ入れればセキュリティは万全」などといったセールストークを信じてしまって後から問題になるケースが後を絶たないのもこのためです。

 特に最近ではUSBメモリを介して感染するウイルスも広まっていますから、クライアントPC側のセキュリティ対策とUTMを組み合わせることは必須だと言えます。

 

本体価格の安さに目を奪われる

営業担当

<営業担当>

 個別のセキュリティ機能の専用製品を組み合わせる場合と比べてUTM製品は導入のハードルが低く、ハードウエアも1台で済むので導入コストが圧倒的に低く抑えられます。当社のUTMの本体価格を見ていただければ、その安さがおわかりいただけるでしょう。


情報システム担当

<情報システム担当>

 確かにUTM機器本体の価格はとても安かったが、実際にはその他にも保守サポート費用や定期的に行なわれるアップデートを受けるための年間ライセンス費用が必要だった。さらに、機能を追加したりユーザーを追加したりする度に新たなコストがかかり、トータルな費用はかなり膨らんでしまった。今ではむしろ割高感すら感じている。

 一般的にUTM製品を導入する場合には、本体の他に必要となるオプション、保守サポート、シグネチャなどのアップデートを受けるための年間ライセンス(サブスクリプション)といった費用が必要になります。当然いくつものオプション機能を併用すれば、年間ライセンスのコストは割高となってしまうことでしょう。

 特に注意していただきたいのは、UTM機器本体や年間ライセンスの価格が、ユーザー数に応じて設定されているかどうかです。ユーザー数に基づいた価格体系の場合、多数のユーザーで使うと割高になってしまいます。もちろん、ユーザー数が少なすぎても割高になる場合もあるので、自社に合った価格体系の製品を見極めるようにしましょう。

▼まずは、インターネットセキュリティサービスの基本をおさらい▼
「ネットセキュリティサービスとは?」

※掲載されている内容は公開日時点のものです。
※掲載されているサービスの名称、内容及び条件は、改善などのために予告なく変更することがあります。

このテーマについてもっと詳しく知りたい

関連キーワード

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter