2018年版・営業にダマされない!ITサービスの選び方(第2回)

新・営業にダマされない!クラウドサービスの選び方

2018.03.20 Tue連載バックナンバー

 企業のIT担当者の元には、「○○を導入しませんか」「○○にすればコスト削減できます」といったセールスがよく訪れます。しかし実際に導入しても、営業マンの言葉のような成果は上がらず、かえって導入前よりも不便になったり、コストが高くなってしまうケースもあります。本連載「新・営業にダマされない!ITサービスの選び方」は、そうした営業の売り文句を鵜呑みにせず、ITサービスを正しく導入するためのノウハウを紹介します。

 第2回目のテーマは、「クラウドサービス」です。企業の基幹システムでも採用が進み、本格的な導入を進めている企業も多いでしょうが、中には以下に紹介するような失敗をしてしまったケースもあるかもしれません。

 

オンプレミスからの移行なら、弊社のコストは安いですよ!

営業担当

<営業担当の売り込み>

 弊社のクラウドサービスは、数多くの機能を実装しており、ERPCRMをはじめ様々なミドルウェアに対応できます。オンプレミスで構築した基幹系システムのクラウド環境への移行を考えている場合は、弊社のサービスがオススメです。コストを抑えて簡単にクラウド化できます!


情報システム担当

<情報システム担当>

 コストや拡張性の観点から自社システムを一部クラウドに移行し、クラウドとオンプレミスを両立する“ハイブリッド”なシステムの構築を検討していました。

 しかし、具体的な検討段階に入り、自社のオンプレミスとクラウドサービスを連携させるには、クラウド・オンプレミスのハイブリッド環境でシステムを構築・運用するノウハウと、事業者のサポートが必要だと、ようやくわかりました。結局、その会社にはノウハウもサポートもなく、クラウド事業者の選定をまた一から始めることを余儀なくされました。

 クラウドとオンプレミスをハイブリッドで連携するためには、(1)アプリケーションの互換性、(2)サーバー環境同士をつなげるネットワーク、(3)統合管理ツール、(4)サポートの4点が重要な要素になります。特に、クラウドサービスを複数利用する場合は、事業者ごとに使っている技術やサポートが異なるため、困難になります。

 クラウドとオンプレミスのハイブリッド環境を構築する際には、「他社クラウドサービスとの互換性や事業者のサポート範囲、クラウドとオンプレミスのハイブリッド環境を構築するノウハウを持っているか」という点に注意して、事業者選定を行いましょう。

 

インフラ部分はどの会社も同じ! だったら安いほうが有利です!

営業担当

<営業担当の売り込み>

 自然災害によるサービス停止を免れるためには、システム基盤のクラウド化は必須ですよ。各事業者のサービスメニューを見てください。実はインフラ部分のサービスはどの事業者もだいたい同じなのです。

 提供されるサービスが同じなら、コストを抑えられる弊社サービスが断然お得です!


情報システム担当

<情報システム担当>

 料金のメリットに注目して、自社構築のECサイトをクラウド上に構築・運営をしていたのですが、ある日、システム障害を起こして、数時間にわたってサービスが停止してしまう事態が起こりました。障害自体は軽微なものでしたが、事業者のサポート時間(9:00~17:00)外に発生した障害だったため、すぐにサービス復旧できませんでした。

 事業者とはSLAを交わしていたので、その月の利用料金は割引されたものの、サービスが停止した時間に想定される売上金額には到底及ばない金額でした。当然、事業者は売上に対する保証はしてくれませんでした。

 クラウドのメリットは、事業者がサーバー等の管理・運用をしてくれるという点にありますが、事業者のサポート体制が不十分なことが理由で損失が出てしまっては本末転倒です。

 今やクラウドは、24時間/365日の安定的なサービスが当たり前となってきています。サーバーダウン等の発生でサービスを止めてしまわないためにも、事業者の選定には特に気を使いましょう。

 

海外拠点の通信費を抑える秘策があるんですよ!

営業担当

<営業担当の売り込み>

 御社は世界各地に拠点を展開していらっしゃいますよね!? であれば、ネットワークの通信費が課題になっているのではないでしょうか。弊社クラウドサービスの特徴は、ネットワークにインターネットを利用することで、大幅に回線コストを低減できます。さらに、インターネットVPNでセキュリティも確保できます。


情報システム担当

<情報システム担当>

 弊社は海外に多数の拠点を持っています。そのため、国ごとに業務システムが分かれており、システムの運用方法やセキュリティ基準がバラバラという課題がありました。そこで、全拠点の業務のリアルタイム把握と運用管理業務の効率化を目指して、システムをクラウドに統合しました。

 結果、全拠点から同じシステムにアクセスできるような仕組みになりましたが、運用を始めると、時間帯によって想像以上のネットワーク遅延が発生し、自社内のシステムとの連携が適時に行えないことがわかりました。ネットワークのコストを抑えるためにインターネットVPNを利用したことで、思わぬところでつまずいてしまいました。

  クラウドサービスに求められるネットワークの条件は「安定性・信頼性・安全性」の確保です。もちもん、ネットワークの質と価格はトレードオフの関係になりますが、業務やサービスの特性を把握した上でネットワークの選定をすれば、トラブルは回避できるはずです。

 回線速度はサービスプランによって異なるので、事前確認をしておくことがおすすめです。特に、グローバルに拠点を展開している企業であれば、海底ケーブルの回線速度やトラブルの可能性、あるいはそのデータセンターが設置されている国の治安や政情なども考慮しておく必要があります。

▼そもそも、クラウドサービスとは何なのか? 基本をおさらいしておきましょう▼
「そもそもクラウドとは?」

※掲載されている内容は公開日時点のものです。
※掲載されているサービスの名称、内容及び条件は、改善などのために予告なく変更することがあります。

このテーマについてもっと詳しく知りたい

連載記事

関連キーワード

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter