NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

未来志向のセキュリティ、ゼロトラストも包含する「CARTA」
2020.12.24

IT&ビジネス最新ニュース第94回

未来志向のセキュリティ、ゼロトラストも包含する「CARTA」

 ガートナー ジャパンは、12月2~4日に「ガートナー セキュリティ&リスク・マネジメント サミット 2020」をオンラインで開催した。基調講演の1つ、「コロナ後の世界:未来志向型セキュリティを開始せよ」では、セキュリティ分野を担当するバイスプレジデント アナリストの礒田優一氏が、「ゼロトラスト」「SASE」「CARTA」などのキーワードを整理しながら、未来志向のセキュリティの在り方を解説した。

 まず礒田氏は、コロナ禍がさまざまな変化に挑戦する機会をもたらし、その対応で成否が分かれたとする。対応に成功した組織に共通するのは、未来を想定して先手を打っているという点。ここでいう未来とは、「想定とコントロールが可能な3~5年の範囲」(礒田氏)とのことだ。

 未来志向での想定には明暗がある。暗い想定は、例えば、ランサムウェア攻撃でシステムやビジネスが停止するといったものであり、既に現実化していることも少なくない。「そう捉えると、コロナ禍の後のセキュリティは、リアルサバイバルといえる」と礒田氏は言う。

 そうであれば、明るい未来を想定したい。礒田氏は、「自動化、可視化が進み、セキュリティ担当者は起床してセキュリティ状況をすぐにチェックする。5G(第5世代移動体通信)でウェブ会議もスムーズにコミュニケーションできるし、万一のインシデントの発生に、ブラウザーからの操作で影響を受けたネットワークセグメントをすぐ切り離し、フォレンジック調査を自動的に実行して初動対応を完了させる。そんな世界はいかがだろうか」と語る。

 もちろん「言うがやすし」で、実現は簡単ではないだろう。だからこそ礒田氏は、発想の転換が第一歩とアドバイスする。セキュリティで守るべき対象は… 続きを読む

※この記事はZDNet Japanから配信されています。

この記事が気に入ったらクリック!

お気に入り登録

この記事で紹介しているサービスについて

関連キーワード

SHARE

関連記事

【激白】NTT Comの“危機感”とDX事業の勝ち筋

2021.04.15

IT&ビジネスコラム第1回

【激白】NTT Comの“危機感”とDX事業の勝ち筋

横河電機が推進する“インターナル”と“エクスターナル”両輪でのDXとは

2021.04.14

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第64回

横河電機が推進する“インターナル”と“エクスターナル”両輪でのDXとは

IT部門の変革によりDXを加速!起爆剤となる「マネージドサービス」とは

2021.03.26

DXを加速させるITシステムの運用改革第38回

IT部門の変革によりDXを加速!起爆剤となる「マネージドサービス」とは

「自由な組織が新しいビジネスを生み出す」というわけではない

2021.03.26

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第24回

「自由な組織が新しいビジネスを生み出す」というわけではない

「ペーパーレスなどがDX」なら時代遅れ–ガートナーが警鐘

2021.03.22

IT&ビジネス最新ニュース第123回

「ペーパーレスなどがDX」なら時代遅れ–ガートナーが警鐘

コロナ禍の影響で業務アプリの利用が大きく変動–Okta調査

2021.03.09

IT&ビジネス最新ニュース第119回

コロナ禍の影響で業務アプリの利用が大きく変動–Okta調査

テレワークの不安を解消する、ゼロトラストの“組み合わせ”はこれだ!

2021.03.05

セキュリティ対策に求められる新たな視点第23回

テレワークの不安を解消する、ゼロトラストの“組み合わせ”はこれだ!

DXにコラボレーションが必要な理由

2021.02.26

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第21回

DXにコラボレーションが必要な理由

ワークデイに聞く、「デジタルアジリティー」のある組織とは

2021.02.22

IT&ビジネス最新ニュース第113回

ワークデイに聞く、「デジタルアジリティー」のある組織とは

ビッグデータ基盤をセキュリティ対策として使う方法とは

2021.02.09

セキュリティ対策に求められる新たな視点第22回

ビッグデータ基盤をセキュリティ対策として使う方法とは

IoT・AI・クラウドに○○が加わることで、DXはさらに加速する

2021.01.27

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第18回

IoT・AI・クラウドに○○が加わることで、DXはさらに加速する