NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

リユーステックで偽物排除に挑む–コメ兵が開発・導入した「AI真贋」とは
2020.11.09

IT&ビジネス最新ニュース第75回

リユーステックで偽物排除に挑む–コメ兵が開発・導入した「AI真贋」とは

 中古品の買取/販売事業を行うコメ兵は「AI真贋(しんがん)」を開発し、8月25日からKOMEHYO名古屋本店に導入している。このAI(人工知能)は、真贋(本物か偽物か)と型番(モデル名などの製品情報)を判定する。

 AI真贋の利用方法は、鑑定士がマイクロスコープで品物の数カ所を数枚ずつ撮影し、真贋を判定する。判定結果には、「REAL(基準内)」「HOLD(保留)」「FAKE(基準外)」の3パターンがある。型番判定では、専用のアプリをインストールしたスマートフォンで、品物を正面から撮影。約12モデルが候補として表示され、鑑定士が該当するものをタップすると、その情報がアプリに自動で入力される。

 現時点でAI真贋に対応しているのは「LOUIS VUITTON」のバッグ/財布/小物(名刺入れやキーケース)で、判定精度はモデルによって変動があるものの、基本的には99%だとしている。最初の対応ブランドをLOUIS VUITTONにした理由は、ブランドバックの中で流通量が多く、流行のサイクルが比較的長いからだという。

 コメ兵の鑑定士は通常、「真贋判定」「型番判定」「状態チェック」「買取金額の算出/説明」という一連の流れを1人で行う。その中で、顧客との会話が発生しない真贋/型番判定の業務をAIが補助することで、接客に集中したり、顧客の待ち時間を短くしたりできると期待される。

 AI真贋の開発全体を管理するのは、… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

※この記事はZDNet Japanから配信されています。

この記事で紹介しているサービスについて

SHARE

関連記事

DX部門を立ち上げたらどうなるのか?実際の企業に見る、DXの理想と現実

2020.11.20

これからの時代に求められるデータ利活用第7回

DX部門を立ち上げたらどうなるのか?実際の企業に見る、DXの理想と現実

トヨタが「Woven City」で狙うのは、DXのプラットフォーマー

2020.11.18

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第12回

トヨタが「Woven City」で狙うのは、DXのプラットフォーマー

ITR、2021年に注目すべき13のIT戦略テーマを発表

2020.11.16

IT&ビジネス最新ニュース第78回

ITR、2021年に注目すべき13のIT戦略テーマを発表

ニューノーマル時代に必要なサイバーセキュリティとは?

2020.11.06

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第11回

ニューノーマル時代に必要なサイバーセキュリティとは?

コロナ後の社会に求められるデジタル変革とは?ServiceNow Japan社長が語る

2020.11.04

DXを加速させるITシステムの運用改革第32回

コロナ後の社会に求められるデジタル変革とは?ServiceNow Japan社長が語る

「ネクストノーマル」時代に、企業に求められるIT戦略とは

2020.10.28

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第9回

「ネクストノーマル」時代に、企業に求められるIT戦略とは