NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

店舗の「好き」は企業の資産–「Yappli Summit 2020」で語られた、小売分野のDX
2020.10.19

IT&ビジネス最新ニュース第67回

店舗の「好き」は企業の資産–「Yappli Summit 2020」で語られた、小売分野のDX

 ヤプリは9月30日~10月2日、「Yappli Summit 2020」をオンラインで開催している。初日の基調講演では、「企業のDXを推進するために必要なこと」というテーマのもと、企業のDX(デジタル変革)を支援するデジタルシフトウェーブ 代表取締役社長の鈴木康弘氏と、深層学習などの技術を研究開発するPreferred Networks 執行役員・最高マーケティング責任者の富永朋信氏が登壇。モデレーターは、ヤプリ マーケティングスペシャリストの島袋孝一氏が務めた。同講演ではDXの枠組みの他、3人とも小売業界にキャリアがあることから、小売分野のDXについて話し合った。

島袋氏:「DX」という言葉について、お二人はどのように解釈していますか。

鈴木氏:DXは社会の課題をテクノロジーで解決していくことだと思っています。私は「DX=CX(顧客体験)+EX(従業員体験)」と考えており、DXには顧客に向けたデジタル化と従業員に向けたデジタル化の両方が含まれていると感じます。

富永氏:20世紀後半にEC(電子商取引)が登場したり、Cookieで顧客一人ひとりをトラッキングできるようになったりしたことから、デジタルで何かするというと、「顧客やマーケティングサイドのこと」といったバイアスがある気がします。ですが企業には、顧客だけでなくモノや従業員など、いろんなデータがあります。そう考えると企業はデータの塊で、「人やモノの流れ」を「情報の流れ」として改めて取りまとめると、イノベーションや効率化の種になるでしょう。一方、「カスタマー系のデータはマーケティング」などと、データを組織ごとに分けてしまうと、企業全体の情報の流れを捉える機運ができにくくなると思います。

鈴木氏:DXには「CXとEX」という軸に加え、「楽しさと効率化」という軸もあり、4つに分けられると思います。ライブコマースなど顧客が楽しめる「楽しいCX」、レジレスコンビニのような「効率的なCX」、ゲーム感覚で仕事ができるようにする「楽しいEX」、会議室に集まる慣習を見直すといった「効率的なEX」があります。これら4つの事象に分けることで、整理しやすくなる感じます。

島袋氏:「DXに取り組むべきなのか」と聞かれたら、お二人はイエスと答えるのでしょうか。… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

※この記事はZDNet Japanから配信されています。

この記事で紹介しているサービスについて

SHARE

関連記事

コロナ禍でもデジタル志向企業のIT投資は衰えず–ITR調査

2020.11.26

IT&ビジネス最新ニュース第82回

コロナ禍でもデジタル志向企業のIT投資は衰えず–ITR調査

新ビジネスはSDGsから生まれる!エバンジェリストが解説

2020.11.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第54回

新ビジネスはSDGsから生まれる!エバンジェリストが解説

DX部門を立ち上げたらどうなるのか?実際の企業に見る、DXの理想と現実

2020.11.20

これからの時代に求められるデータ利活用第7回

DX部門を立ち上げたらどうなるのか?実際の企業に見る、DXの理想と現実

従業員を固定電話から解放、第一生命の“スマホで加速する”働き方改革

2020.11.20

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第30回

従業員を固定電話から解放、第一生命の“スマホで加速する”働き方改革

トヨタが「Woven City」で狙うのは、DXのプラットフォーマー

2020.11.18

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第12回

トヨタが「Woven City」で狙うのは、DXのプラットフォーマー

With/Afterコロナのネットワークを支える「エッジコンピューティング」とは

2020.11.18

ニューノーマル時代のネットワーク技術革新第3回

With/Afterコロナのネットワークを支える「エッジコンピューティング」とは

ITR、2021年に注目すべき13のIT戦略テーマを発表

2020.11.16

IT&ビジネス最新ニュース第78回

ITR、2021年に注目すべき13のIT戦略テーマを発表

コロナ禍でも勢いのある東南アジアベンチャーを発掘「NTT Startup Challenge 2020」開催

2020.11.13

新たなイノベーションはアジアから始まる第4回

コロナ禍でも勢いのある東南アジアベンチャーを発掘「NTT Startup Challenge 2020」開催