NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

サイトメンテナンスのお知らせ(2020年9月23日(水)予定)
AWSのCEOが語った、アマゾンが経験した変化への対応術
2020.09.15

IT&ビジネス最新ニュース第56回

AWSのCEOが語った、アマゾンが経験した変化への対応術

 アマゾン ウェブ サービス ジャパン(AWS)の年次カンファレンス「AWS Summit Online」が9月30日まで開催されている。ライブ配信された2日目(9月9日)の基調講演にはCEO(最高経営責任者)のAndy Jassy氏が登壇し、コロナ禍への対応やビジネスの成長の裏側にあるエピソードなどを語った。

 まずJassy氏は、コロナ禍へのさまざま対応においてAWSのクラウドインフラがこれを支えているとし、「感染の防止や食料など生活に必要な物資の提供、新型コロナウイルスを解き明かすためのデータ分析といったもの、医療従事者や政府機関の活動を支えるリソース、在宅勤務やウェブ会議のための機能、オンライン学習、さらにはゲームや映画などのエンタテインメントのサービスにもAWSが利用されている」と紹介した。

 AWSの多くの従業員も在宅勤務に移行しているが、データセンターなどの現場で業務に当たる従業員もいるため、同社では安全を確保するために150以上のポリシーを変更し、現場消毒などの清掃頻度も3倍に増やしたり従業員の感染検査費用を補助したりしているという。休業補償などの各種申請ためのオンライン環境を構築したり、多額の寄付なども行ったりしているとJassy氏は言う。

 「AmazonとしてもBezos氏(Amazon CEOのJeff Bezos氏)も個人や地域社会を支援するために個人的に1億ドルを寄付し、17万5000人を新規雇用したほか、シアトルでは公立学校に通う生徒がオンライン授業を受けられるように4000台のPCを提供した」

 現在のコロナ禍は、世界中の社会、組織、個人に多くの変化をもたらし、その変化への対応を強いている。Jassy氏は、クラウドコンピューティングを絡めて変化への対応について言及、従来のオンプレミスから新しいクラウドへの移行という変化への対応には多くの課題を伴うとした。

 「苦労して構築した既にあるITインフラをなぜクラウドにしなければならないのかという… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

※この記事はZDNet Japanから配信されています。

この記事で紹介しているサービスについて

SHARE

関連記事

教育現場の課題を解決するNTT ComのSmart Educationとは

2020.09.09

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第44回

教育現場の課題を解決するNTT ComのSmart Educationとは

最短10営業日で構築可能な「在宅コンタクトセンター」とは?

2020.07.29

いま求められる“顧客接点の強化”第28回

最短10営業日で構築可能な「在宅コンタクトセンター」とは?

「With/Afterコロナ」で企業のクラウド利用は加速するか

2020.07.22

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第7回

「With/Afterコロナ」で企業のクラウド利用は加速するか

Box社に聞く「オンラインがメイン、オフィスがサブ」の働き方とは?

2020.07.22

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第29回

Box社に聞く「オンラインがメイン、オフィスがサブ」の働き方とは?