NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

サイトメンテナンスのお知らせ(2020年9月23日(水)予定)
IT部門は顧客体験を重視せよ–アドビのCIO
2020.08.24

IT&ビジネス最新ニュース第47回

IT部門は顧客体験を重視せよ–アドビのCIO

 かつてパッケージ販売をメインにしていたAdobe。現在ではクリエイティブやマーケティングの機能をオンラインで提供するSaaS企業に変身し、デジタルトランスフォーメーション(DX)をいち早く成し遂げたケースとして、しばしメディアに取り上げられることもある。マーケティング領域では「顧客体験(CX)」が重視されているが、同社はそのノウハウも社内のIT環境に生かしているという。上級副社長兼最高情報責任者(CIO)のCynthia Stoddard氏が、日本メディアのグループ取材に応じた。

 Stoddard氏は4年ほど前からCIOを務め、同社のクラウドサービスを支える「Information Technology and Reliability Engineering」チームを率いているという。

 Stoddard氏は、ここ数年におけるCIOの役割について、「大きく変わりつつある。従来のバックオフィスから戦略的になり、ビジネスやプロセス、データのつながりをエンドツーエンドで捉え、データ駆動型の意思決定を支える。そして、卓越したオペレーションを通じて信頼性や拡張性、回復性といったITを提供すると同時に、クラウドやRPA(ロボティックプロセスオートメーション)といったツール、さらに標準化を通じて属人性を排除し、社員が適切なツールによって生産性の高い仕事をできるようにする。組織間の壁を取り払い、あるいは新しい技術にも挑戦して、それらをイネーブルにしていく。こうしたことを主導し、システムの構成変更ができ、高いコミュニケーション能力も有する」と語る。

 Stoddard氏が挙げる能力は多岐にわたるが、その基本にはデータがあり、同社は「Data Driven Operating Model(DDOM:データ駆動型運用モデル)」を提唱している。ユーザーにとって理想的な… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

※この記事はZDNet Japanから配信されています。

この記事で紹介しているサービスについて

SHARE

関連記事

ユニクロ旗艦店に見る、ウィズコロナのDX戦略

2020.09.18

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第9回

ユニクロ旗艦店に見る、ウィズコロナのDX戦略

サイボウズの「100人100通り」の働き方はどうやって生まれたのか

2020.09.16

共創によるビジネスイノベーション第3回

サイボウズの「100人100通り」の働き方はどうやって生まれたのか

なぜ企業はDXのためにデータ活用を進めなければいけないのか

2020.09.16

これからの時代に求められるデータ利活用第4回

なぜ企業はDXのためにデータ活用を進めなければいけないのか

フローやプロセスを考慮した業務デジタル化の進め方

2020.09.10

IT&ビジネス最新ニュース第54回

フローやプロセスを考慮した業務デジタル化の進め方

不確実性が高まる時代こそ、デジタルが必要になる

2020.09.09

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第8回

不確実性が高まる時代こそ、デジタルが必要になる

教育現場の課題を解決するNTT ComのSmart Educationとは

2020.09.09

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第44回

教育現場の課題を解決するNTT ComのSmart Educationとは

NTT ComがSmart CXで創る“新たな顧客接点”のカタチとは

2020.09.04

ニューノーマル時代におけるCXの新潮流第1回

NTT ComがSmart CXで創る“新たな顧客接点”のカタチとは

テレワーク化したコンタクトセンターは、コロナにも震災にも負けなかった

2020.09.02

いま求められる“顧客接点の強化”第30回

テレワーク化したコンタクトセンターは、コロナにも震災にも負けなかった