NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

サイトメンテナンスのお知らせ(2020年9月23日(水)予定)
ディープラーニングと”AIの民主化”で変革促す–6つの活用分野
2020.08.04

IT&ビジネス最新ニュース第43回

ディープラーニングと”AIの民主化”で変革促す–6つの活用分野

 ディープラーニングによって人工知能(AI)分野を新たな段階に押し上げる能力がもたらされる。とは言うものの、その力を利用できるのはデータサイエンティストに限られていた。しかし最近になってついに「民主化」の機が熟し、必要とするすべての人々が利用できる、ハードルの低いテクノロジー一式になり、数々のビジネスアプリケーションも提供され始めようとしている。

 人間の脳内の論理を模倣してパターン分析を実行するというディープラーニングが、企業のAIイニシアチブで幅広く採用されるようになってきている。ITPro TodayとInformationWeek、Interopが154人のITプロフェッショナルやビジネスプロフェッショナルを対象に最近実施した調査によると、AIを実装している企業の過半数(53%)がディープラーニングを向こう24カ月以内に業務に取り入れる計画があるとしている。

 また、Databricksが新たに公開したレポートによると、ディープラーニングは現在、AI分野におけるイノベーションの急速な発展を推進するようになっており、あらゆる市場で大規模なディスラプションをもたらしているという。レポートの著者らは「ディープラーニングというモデルは、画像認識や音声認識といった複雑なタスクを実行し、これらの入力データから意味を導き出すよう訓練することができる」とした上で、「これらのモデルはデータの増大にも対応でき、そのパフォーマンスはデータ量の増加とともに向上していくという点が重要なメリットだ」と記している。

 Databricksのレポートでは、ディープラーニングを「エンドツーエンドの学習と考えられる作業を実行する、機械学習(ML)の特殊かつ先進的な形態」と定義しており、「ディープラーニングのアルゴリズムには、一般的には構造化されていない異質かつ大量のデータとともに、分類などのタスクが与えられる。これによって出来上がったモデルは、画像内のオブジェクトを認識したり、話し言葉をリアルタイムで翻訳するといった複雑なタスクを実行できるようになる」と説明されている。


さまざまな分野で変革促すディープラーニングの利用事例

 以下は、Databricksのレポートで挙げられている、ディープラーニングによって可能になる応用分野だ。… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

※この記事はZDNet Japanから配信されています。

この記事で紹介しているサービスについて

SHARE

関連記事

なぜ企業はDXのためにデータ活用を進めなければいけないのか

2020.09.16

これからの時代に求められるデータ利活用第4回

なぜ企業はDXのためにデータ活用を進めなければいけないのか

NTT ComがSmart CXで創る“新たな顧客接点”のカタチとは

2020.09.04

ニューノーマル時代におけるCXの新潮流第1回

NTT ComがSmart CXで創る“新たな顧客接点”のカタチとは

ガートナー、2020年の先進技術に関する5つ動向を発表

2020.08.31

IT&ビジネス最新ニュース第50回

ガートナー、2020年の先進技術に関する5つ動向を発表

AIは、コロナに便乗した「フェイクニュース」を見抜けるようになる

2020.08.28

With/AfterコロナにおけるAI技術の可能性第3回

AIは、コロナに便乗した「フェイクニュース」を見抜けるようになる

5GやIoTをビジネスにつなげるには、どうすればいいのか?東大・森川教授に聞く

2020.08.21

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第7回

5GやIoTをビジネスにつなげるには、どうすればいいのか?東大・森川教授に聞く

AIはどうやって、新型コロナウイルスの治療/診断/予測をしているのか?

2020.07.15

With/AfterコロナにおけるAI技術の可能性第2回

AIはどうやって、新型コロナウイルスの治療/診断/予測をしているのか?

ローカル5Gは、「With/Afrerコロナ」における製造業をどう変えていくのか?

2020.07.03

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第2回

ローカル5Gは、「With/Afrerコロナ」における製造業をどう変えていくのか?