NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

サイトメンテナンスのお知らせ(2020年9月23日(水)予定)
体験型店舗の代名詞へ–サンフランシスコ発「b8ta」が日本上陸
2020.08.03

IT&ビジネス最新ニュース第42回

体験型店舗の代名詞へ–サンフランシスコ発「b8ta」が日本上陸

 米国サンフランシスコ発の体験型店舗「b8ta(ベータ)」は8月1日、日本初店舗を新宿マルイ本館、有楽町電気ビルに同時オープンする。それに先駆けて7月28日、b8ta Japanが発表会を開催した。

 b8taは2015年、サンフランシスコ近郊のパロアルトに「b8ta」をオープン。「リテールをより身近な存在にする」をミッションに、店舗内の区画をさまざまなブランドに定額で提供している。これまで米国に23店舗、ドバイに1店舗を構え、1000以上のブランドが出店するとともに、年間300万人以上が訪れているという。

 b8taに出品するメリットについて、b8ta Japan カントリーマネージャーの北川卓司氏は「コスト」「体験」「データ」の3つを挙げる。近年、Eコマース(電子商取引)が急速に普及する中、あえて実店舗を持つことで差別化を図ろうとする動きがあるという。だが、実店舗の出店はコストがかかり、特にスタートアップ企業にはハードルが高い。そこでb8taは、店舗の1区画(60cm×40cm程度)を30万円前後で提供する。また、棚などの器具や人件費、研修のコストは出品料に含まれており、シフトや在庫の管理、商品の配送、POS(販売時点情報管理)はb8taが行う。商品が売れた際、マージンをもらうこともない。

 b8taでは商品を売ることに重きを置いておらず、来店客の… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

※この記事はZDNet Japanから配信されています。

この記事で紹介しているサービスについて

関連キーワード

SHARE

関連記事

ユニクロ旗艦店に見る、ウィズコロナのDX戦略

2020.09.18

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第9回

ユニクロ旗艦店に見る、ウィズコロナのDX戦略

なぜ企業はDXのためにデータ活用を進めなければいけないのか

2020.09.16

これからの時代に求められるデータ利活用第4回

なぜ企業はDXのためにデータ活用を進めなければいけないのか

フローやプロセスを考慮した業務デジタル化の進め方

2020.09.10

IT&ビジネス最新ニュース第54回

フローやプロセスを考慮した業務デジタル化の進め方

不確実性が高まる時代こそ、デジタルが必要になる

2020.09.09

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第8回

不確実性が高まる時代こそ、デジタルが必要になる

ガートナー、2020年の先進技術に関する5つ動向を発表

2020.08.31

IT&ビジネス最新ニュース第50回

ガートナー、2020年の先進技術に関する5つ動向を発表

AIは、コロナに便乗した「フェイクニュース」を見抜けるようになる

2020.08.28

With/AfterコロナにおけるAI技術の可能性第3回

AIは、コロナに便乗した「フェイクニュース」を見抜けるようになる

IT部門は顧客体験を重視せよ–アドビのCIO

2020.08.24

IT&ビジネス最新ニュース第47回

IT部門は顧客体験を重視せよ–アドビのCIO

5GやIoTをビジネスにつなげるには、どうすればいいのか?東大・森川教授に聞く

2020.08.21

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第7回

5GやIoTをビジネスにつなげるには、どうすればいいのか?東大・森川教授に聞く