NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

「変化し続ける事業会社」を体現するパイオニア–デジタル責任者の心意気
2020.07.28

IT&ビジネス最新ニュース第40回

「変化し続ける事業会社」を体現するパイオニア–デジタル責任者の心意気

パイオニアのデータビジネス

–パイオニアの中でデータソリューション事業はどのような位置付けなのでしょうか。

 ビークルアシストを開始した2015年から現在までの5年間と、今後の5年間では役割が変わると考えています。ビークルアシストはカーソリューションから、Intelligent Pilotがテレマティクスからというように異なる事業部で誕生しましたが、広義の意味ではどちらも近いビジネスですので2019年から統合を進めています。これまでの5年間はどちらも売上規模に占める割合が高いわけではないのですが、利益率が高く垂直立ち上げをしてきたビジネスです。

 今後は、各ビジネスをデータソリューション事業の中で融合させていくことがモビリティサービスカンパニーにおける取り組みの1つです。ハードウェアを手掛けるモビリティプロダクトカンパニーや、技術を担う変革推進本部との調和も大きなテーマでして、データソリューション事業がデータを起点に連携役を担うイメージですね。

–データの活用やそのためのプラットフォームなどにどう取り組まれていますか。

 データ自体は、2006年頃から「スマートループ」というサービスを通じて、特に多くのプローブデータ(車両の運行実績)を蓄積しています。事業でもスマートループなど多くのサービスでデータを活用していますし、例えば、Intelligent Pilotでは裏側でさまざまなデータを分析しアラートを出す機能を提供しているなど、既にデータを利用しています。これからについては、例えば、Intelligent Pilotにおける安心・安全を実現するためのデータやアルゴリズムといったものを位置情報などと組み合わせてマーケティングや販売促進などに活用したり、あるいはスマートシティーのような領域に応用したりするなど、さまざまな波及効果があると思います。

 私が入社する以前からパイオニアではデータレイクの構築に取り組んでいましたし、変革推進本部にもたくさんの優秀なデータサイエンティストやエンジニアがいます。データを分析し活用もしていますが、本格的なビジネスにしていくのは、まさにこれからというタイミングですね。

–MaaS(Mobility as a Service)には、自律運転やスムーズな移動手動の提供、さらにはスマートシティーにおける重要インフラの1つといったように、さまざまな領域があります。その中でパイオニアが期待する領域はどの辺りでしょうか。

 MaaSの巨大な世界に自動車メーカーや物流、鉄道、バス、営業車両、ITのプラットフォーマー、半導体メーカーなど多様なレイヤーの企業が参加しています。個人的には、MaaSの世界の中に大小さまざまな“サイロ”があり、サイロ化が起きていると思います。例えば、自宅から旅行先へ移動する間にいろいろな乗り物やサービスを利用しますが、それぞれ別々の企業が提供していますから、基本的にサイロになっている状況です。

 同様にマーケティングテクノロジーの世界もサイロ化しています。AppleやGoogle、Saleforce.comやAmazonといった大きなサイロに分かれ、そこに幾多のベンチャーも参入しています。しかし利用する側にとっては、サイロ化していようと、シンプルに使いたいだけなのです。

 そのような世界でパイオニアは、比較的にニュートラルなプラットフォームになれるのではないかと考えています。ハードウェアでも各自動車メーカーにOEMで提供しているなど、ニュートラルな立ち位置にありますし、世界の中で重要な存在になりたいと思いますが、その点が現在の強みの1つだと思います。

–パイオニアがつなぎ役を担うイメージでしょうか。

 はい。加えて、国内外に数百万台ものエッジデバイスと呼ばれるカーナビやカーオーディオ、ドライブレコーダーといったデータが入力される場所を持っていますから、その意味でもパイオニアはニュートラルな立ち位置にあると考えています。どんな市場でもサイロ化の構造は大きく変わりませんが、ある意味、市場が多様化する過程ではさまざまな統廃合を起きて新たなサイロが生まれることは、その市場が成長している証と言えます。MaaSの世界もこの先の数年間は統廃合が活発に進むと思います。カオスマップのような状況が示されるようになった時、パイオニアがどこに位置しているのかを想像すると、わくわくしますね。

※この記事はZDNet Japanから配信されています。

SHARE

関連記事

ウォルマートに学ぶ、非デジタルネイティブ企業がDXする方法

2020.08.07

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第6回

ウォルマートに学ぶ、非デジタルネイティブ企業がDXする方法

約6割の日本企業は、Afterコロナを見据えた取り組みができていない

2020.08.05

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第43回

約6割の日本企業は、Afterコロナを見据えた取り組みができていない

「With/Afterコロナ」で企業のクラウド利用は加速するか

2020.07.22

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第7回

「With/Afterコロナ」で企業のクラウド利用は加速するか

コロナ禍で分かれる「変わりたくない企業」と「変わろうとする企業」

2020.07.17

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第4回

コロナ禍で分かれる「変わりたくない企業」と「変わろうとする企業」

AIはどうやって、新型コロナウイルスの治療/診断/予測をしているのか?

2020.07.15

With/AfterコロナにおけるAI技術の可能性第2回

AIはどうやって、新型コロナウイルスの治療/診断/予測をしているのか?

ポストコロナ時代のCIOが担うべき役割

2020.07.13

IT&ビジネス最新ニュース第34回

ポストコロナ時代のCIOが担うべき役割

欧州発データ流通基盤「GAIA-X」に見る、With/Afterコロナ時代のデジタル戦略の進め方

2020.07.10

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第42回

欧州発データ流通基盤「GAIA-X」に見る、With/Afterコロナ時代のデジタル戦略の進め方

情報処理促進法が改正、何がどう変わったのか?

2020.07.10

知っておきたい法改正のポイント第19回

情報処理促進法が改正、何がどう変わったのか?