NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

テレワークで「人間をモノ扱い」してしまうウェブ会議の罠にご用心
2020.07.27

IT&ビジネス最新ニュース第39回

テレワークで「人間をモノ扱い」してしまうウェブ会議の罠にご用心

テレワークを想定しない日本の住居

 「コロナウイルス対策のためのテレワーク」というと、基本的には在宅勤務を意味する。自宅で働くこと、通勤時間をゼロにすることの利点が発見された一方、プライベートと仕事の切り替えが課題として見えてきた。

 「独身の一人暮らしなら、自宅でのテレワークはそんなに難しくないでしょう。ですが、子どもがいる、赤ちゃんがいる、介護を必要とする親がいるとなると、テレワークのための部屋が必要になります。プライベートと仕事を物理的に分けるためと、プライベートな人間を仕事の場に入れないようにするためです。しかし、実際に在宅で働く人の住居を見ると、在宅勤務ができる家、できない家が混在しているのです」(Grzywacz氏)

 また、ウェブ会議中に社員の子どもや家族が画面に入ってきた、というハプニングを体験した人もいるだろう。微笑ましい側面もあるが、機密情報や重要情報を扱う会議となると疑問が残る。

 「日本の住居は『お父さんが家にいない前提』や『お母さんが働かない前提』で建てられています。日本の住居には『書斎』『仕事部屋』は前提条件にありません。テレワークの時代には、それにあった住環境が必要です」(Grzywacz氏)

 テレワークで見えてきた問題はそれだけではない。

 「ウェブ会議中に参加者の背後に干された洗濯物が見えたり、主張の強いポスターが見えたり、参加者のプライベートが見えてしまうことがあります。ウェブ会議によっては、背景機能でこうしたプライベートを隠すこともできますが、テレワークを導入するのならば、経営者はこのようなウェブ会議の側面にも注意し、自社なりの姿勢を持つことが必要です」(Grzywacz氏)

テレワーク環境の整備は会社? 個人?

 テレワークに関わる住居の問題を考えると、次の問いが浮かんでくる。

 テレワークに適した住居や環境を整えるのは個人の責任なのか? 会社の責任なのだろうか? 優れた環境を整えられない人間には、テレワークで活躍する権利はないのだろうか?

 「答えは企業によって様々でしょう。ですが、当社の場合は、『フルリモートできるように、インターネットやWi-Fiなどの環境は自分で整えてください。それに必要なお金は会社から出します。なので困ったら相談してください』としています」(Grzywacz氏)

 こうした原則があるので、同社ではWi-Fiの整備、集中できる部屋造りは各社員の責任だ。ウェブ会議の際に「Wi-Fiが弱くて会議で顔を出せない」という社員にはインターネットのプランを変えるように指示する。

 「コロナウイルスの拡大を抑えながら企業活動を継続するには、テレワークは不可欠です。ですが、これまでお話ししてきたように、テレワークを本気で効果的なものにするには、Structured Communicationの浸透、ペーパレス化、アウトプット主義、住環境の変革に対する経営者の姿勢の確立が必要です。これは、産業セクターだけで収まる話ではありません。社会的な大工事が必要です」(Grzywacz氏)

※この記事はZDNet Japanから配信されています。

関連キーワード

SHARE

関連記事

With/Afterコロナの時代に、オフィスは不要か? 必要か?

2020.08.05

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第5回

With/Afterコロナの時代に、オフィスは不要か? 必要か?

在宅勤務にもハラスメントは存在する!「リモハラ」にご注意

2020.07.31

アンケートから読み解くビジネスの課題第8回

在宅勤務にもハラスメントは存在する!「リモハラ」にご注意

最短10営業日で構築可能な「在宅コンタクトセンター」とは?

2020.07.29

いま求められる“顧客接点の強化”第28回

最短10営業日で構築可能な「在宅コンタクトセンター」とは?

Box社に聞く「オンラインがメイン、オフィスがサブ」の働き方とは?

2020.07.22

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第29回

Box社に聞く「オンラインがメイン、オフィスがサブ」の働き方とは?

「議事録作成」はどうすれば効率化できるのか?

2020.06.26

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第27回

「議事録作成」はどうすれば効率化できるのか?

テレワークの成否を分ける鍵は「経営者・管理職」が握っている

2020.06.10

テレワーク導入の“壁”を解決第9回

テレワークの成否を分ける鍵は「経営者・管理職」が握っている