NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

ポストコロナ時代のCIOが担うべき役割
2020.07.13

IT&ビジネス最新ニュース第34回

ポストコロナ時代のCIOが担うべき役割

 この10年間で、最高情報責任者(CIO)が企業の中で意思決定に果たす役割は拡大した。これはCIOが、トップダウンで進めるデジタルトランスフォーメーション(DX)によって、組織の柔軟性と目的遂行能力を高められることを証明してきたからだ。

 しかしこの数カ月間に起こった出来事は、IT担当役員にまったく新たな課題を突きつけている。新型コロナウイルスの感染拡大への対応の中で、IT部門の責任を果たすためには、従来の運用業務では決して経験することがなかった、集中的な取り組みが必要とされたからだ。

 ITリーダーは、安全なリモートワークを実現できる戦略を数日間で立案しなければならなかったが(しかも、使えたのは手元にある機材だけということもしばしばあった)、多くの場合それに成功した。

 そのような対応が迅速に行われたことを考えれば、新型コロナウイルスの感染拡大が、テクノロジー支出の水準や内訳と、IT担当役員の役割の両方に対して直ちに影響を与えることも、その影響が今後も続いていくことも明らかだ。

 CIOは、危機的な状況下でもビジネスを継続させられる能力を備えていることを証明したが、今や彼らは、長期的な価値を示すことを求められている。そして、それを実現すれば、今後のITリーダーの役割は恒久的に変わるだろう。

 このトレンドは、Deloitteが最近発表した、優れたCIOが持つ資質を明らかにした調査レポート「2020 Global Technology Leadership Study」で示されたものだ。Deloitteは、新型コロナウイルス以降の世界では、「先端的」な企業のCIOが、企業のレジリエンス、事業再開、成長に関する戦略を策定するにあたって重要な役割を果たすと述べている。(レポートでは、調査した企業をビジョンや戦略、IT部門の成熟度、市場でのリーダーシップの3つの分野で評価し、もっとも優れていた11.6%の企業を「先端的」な企業に分類している)

 DeloitteのマネージングディレクターKhalid Kark氏は、「新型コロナウイルスの感染拡大は、多くの対面での事業活動を中断させたが、その一方で、… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

※この記事はZDNet Japanから配信されています。

この記事で紹介しているサービスについて

SHARE

関連記事

ウォルマートに学ぶ、非デジタルネイティブ企業がDXする方法

2020.08.07

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第6回

ウォルマートに学ぶ、非デジタルネイティブ企業がDXする方法

約6割の日本企業は、Afterコロナを見据えた取り組みができていない

2020.08.05

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第43回

約6割の日本企業は、Afterコロナを見据えた取り組みができていない

「With/Afterコロナ」で企業のクラウド利用は加速するか

2020.07.22

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第7回

「With/Afterコロナ」で企業のクラウド利用は加速するか

コロナ禍で分かれる「変わりたくない企業」と「変わろうとする企業」

2020.07.17

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第4回

コロナ禍で分かれる「変わりたくない企業」と「変わろうとする企業」

AIはどうやって、新型コロナウイルスの治療/診断/予測をしているのか?

2020.07.15

With/AfterコロナにおけるAI技術の可能性第2回

AIはどうやって、新型コロナウイルスの治療/診断/予測をしているのか?

欧州発データ流通基盤「GAIA-X」に見る、With/Afterコロナ時代のデジタル戦略の進め方

2020.07.10

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第42回

欧州発データ流通基盤「GAIA-X」に見る、With/Afterコロナ時代のデジタル戦略の進め方

情報処理促進法が改正、何がどう変わったのか?

2020.07.10

知っておきたい法改正のポイント第19回

情報処理促進法が改正、何がどう変わったのか?