NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

AIをIT運用に活用する「AIOps」で何が得られるか、注目される理由
2020.07.07

IT&ビジネス最新ニュース第32回

AIをIT運用に活用する「AIOps」で何が得られるか、注目される理由

 最近では、IT運用に人工知能(AI)を利用する「AIOps」の概念が定着してきている。GartnerはAIOpsを、AI、ビッグデータ、機械学習の組み合わせによって、主要なIT運用機能を管理することだと定義している(これには可用性やパフォーマンスのモニタリング、イベントの関連付けや分析、ITサービスの管理と自動化などが含まれる)。Gartnerは、AIOpsやデジタルエクスペリエンス監視ツールをアプリケーションやインフラに利用する大企業は、2018年には5%だったが、2023年には30%にまで増加すると予想している

 また、この数カ月間で在宅勤務を行う企業のチームが増えたことも、できるだけITを自動的に運用できるようにすべきだという認識が強まっている理由の1つかもしれない。しかし、AIOpsが持っている意義は、新型コロナウイルスの危機対応だけにとどまるものではない。IT部門が力を入れている活動の多くが、企業規模でのAIの開発、規模の拡張、サポートなどのAI関連の取り組みだが、今や次世代のAIの開発や導入、管理にAIが利用されるようになりつつある。

 企業のIT部門はAIOpsからどんな恩恵を受けられるのだろうか。IBM Watsonのエンジニアリング担当バイスプレジデントJessica Rockwood氏は、最近公開した記事でいくつかの例を挙げている。その内容は、WatsonプラットフォームのAIOps機能の強化に関するIBMの発表に沿ったものになっている。

・「パフォーマンスに関するアラートから、インシデントチケットに至るまで、ITインフラの多種多様なデータソースからデータを収集する。このデータはコスト削減に役立つほか、ITリソースに対する需要が少ない時間帯を把握し、自動的にコンピューティングリソースを調整することによって生産性を向上させることができる」

・「自動的に調整を行うことが望ましくない場合、… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

※この記事はZDNet Japanから配信されています。

この記事で紹介しているサービスについて

SHARE

関連記事

AIはどうやって、新型コロナウイルスの治療/診断/予測をしているのか?

2020.07.15

With/AfterコロナにおけるAI技術の可能性第2回

AIはどうやって、新型コロナウイルスの治療/診断/予測をしているのか?

ニューノーマル時代に、AIは働き方をどう変えるか?

2020.06.17

With/AfterコロナにおけるAI技術の可能性第1回

ニューノーマル時代に、AIは働き方をどう変えるか?

課題に直面するコンタクトセンターを救う3カ条とは

2020.04.16

いま求められる“顧客接点の強化”第25回

課題に直面するコンタクトセンターを救う3カ条とは

クボタはディープラーニングで焼却炉のエコ発電を目指している

2020.04.15

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第39回

クボタはディープラーニングで焼却炉のエコ発電を目指している

音声認識とAIで「新人が即戦力になる」コンタクトセンターとは

2020.03.27

いま求められる“顧客接点の強化”第24回

音声認識とAIで「新人が即戦力になる」コンタクトセンターとは

京セラはなぜ「AI翻訳」の全社一斉導入を決めたのか

2020.03.27

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第36回

京セラはなぜ「AI翻訳」の全社一斉導入を決めたのか

デロイト トーマツ グループは“AI翻訳”で業務改善を進めている

2020.03.13

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第35回

デロイト トーマツ グループは“AI翻訳”で業務改善を進めている

2020年は予算をどう使うべき?内山悟志氏が「5つのITトレンド」で解説

2020.02.05

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第29回

2020年は予算をどう使うべき?内山悟志氏が「5つのITトレンド」で解説