NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

サイトメンテナンスのお知らせ(2020年9月23日(水)予定)
DevSecOpsの現状、開発チームの役割に変化–GitLab調査
2020.06.02

IT&ビジネス最新ニュース第20回

DevSecOpsの現状、開発チームの役割に変化–GitLab調査

 Gitを利用したDevOps製品を提供しているGitLabは、毎年行っているDevSecOpsに関する調査の結果を発表した(4回目、回答者は21カ国3650人)。調査では、DevOpsの流行が「開発チーム、セキュリティチーム、運用チーム内の職務権限やツールの選択、組織図を大きく変えている」ことが明らかになった。

 開発者のほとんどは、DevOpsはソフトウェアのリリースまでにかかる時間の短縮に役立っていると考えている。調査によれば、開発者に83%近くが、DevOpsによってコードを短時間でリリースできていると回答していた。

 継続的インテグレーションと継続的デリバリー(CI/CD)も、ビルドとデプロイにかかる時間の短縮に貢献しているようだ。回答者の38%は、DevOpsのプロセスにCI/CDを含めていると答えている。また、CI/CDを実践している回答者の60%近くが、1日に複数回、1日に1回、または数日に1回デプロイしていた。1年前には45%だったことを考えれば、大幅な増加だ。また回答者の29%は、自社のDevOps環境では、テストの自動化を導入していると述べていた。

 Ubitechのエンジニアリングリーダーであり、GitLabの中心的なコントリビューターであるGeorge Tsiolis氏は、次のように述べている。

 「Ubitechは、この1年間の間に、組織内の複数のチームで、新しいプロジェクトと既存のプロジェクトにCI/CDの手法を導入した。これまでのところ、CI/CDの導入は、テストの適用範囲の全体的な拡大と頻繁なデプロイメントにつながっている。またそれによって、わが社のチームは、アプリケーションをデプロイする前後に潜在的な脆弱性を発見するために必要な、新たな知見を獲得している」

 ただしテストは今も大きなボトルネックになっている。回答者の47%は、スケジュールの遅延を引き起こす可能性がもっとも高いのは… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

※この記事はZDNet Japanから配信されています。

この記事で紹介しているサービスについて

関連キーワード

SHARE

関連記事

「2025年の崖」はすでに到来している!?経産省に聞く、コロナ時代のDXの進め方

2020.09.11

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第45回

「2025年の崖」はすでに到来している!?経産省に聞く、コロナ時代のDXの進め方

IT環境の「サイロ化」に約7割の企業が困っている

2020.08.26

DXを加速させるITシステムの運用改革第29回

IT環境の「サイロ化」に約7割の企業が困っている

6割超の企業がマルチクラウド。どのように管理すべきなのか

2020.08.21

DXを加速させるITシステムの運用改革第30回

6割超の企業がマルチクラウド。どのように管理すべきなのか

「With/Afterコロナ」で企業のクラウド利用は加速するか

2020.07.22

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第7回

「With/Afterコロナ」で企業のクラウド利用は加速するか

ニューノーマル時代は、時と場所を超えたコミュニケーションが定着する

2020.07.08

ニューノーマル時代のネットワーク技術革新第1回

ニューノーマル時代は、時と場所を超えたコミュニケーションが定着する

サービスナウのCEOが語る「ワークフロー革命」

2020.06.18

IT&ビジネス最新ニュース第25回

サービスナウのCEOが語る「ワークフロー革命」

なぜNTT Comは早期に全従業員の在宅勤務を実現できたのか

2020.06.05

テレワーク導入の“壁”を解決第8回

なぜNTT Comは早期に全従業員の在宅勤務を実現できたのか