NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

データ、アナリティクス、AIの2021年を占う(1)–DWHとデータレイク、民主化、倫理
2021.02.25

IT&ビジネス最新ニュース第114回

データ、アナリティクス、AIの2021年を占う(1)–DWHとデータレイク、民主化、倫理

AIとビジネスインテリジェンス(BI)の組み合わせ

 AIは重要性という点でビジネスインテリジェンス(BI)を覆い隠してしまったように見受けられるが、これらはゼロサムゲームの世界で戦っているわけではない。現実的には、AIとBIがうまく混ざり、助け合い、多くの部分で統合されることにより、BIの世界にイノベーションの新たな領域がもたらされる。

 Qlikのグローバル市場インテリジェンスを率いるシニアディレクターであるDan Sommer氏は「AIは主要な役割を果たす(中略)細部の洞察を浮き彫りにするとともに、多くの人手を要する定型の手順から、より自動化されたローコードやノーコードでのデータのプレパレーションやアナリティクスへの移行を支援するようになるだろう。このバリューチェーンの中でより多くの人々がより早い段階でデータを自ら扱えるようになれば、特異性はより早期に検出でき、問題もより早く解決できるようになる」と述べている。

 BI企業MachEyeのCEOであるRamesh Panuganty氏によると、「BIは自然言語や自然検索、AI/ML、拡張分析、自動化されたデータプレパレーション、自動化されたデータカタログの統合によって、先進的なデータアナリティクスの新たなパラダイムへとシフトしつつある。その結果、企業の意思決定プロセスは、より高品質なリアルタイムの洞察によって変革されるようになる」と述べている。MachEyeのCPOであり、カスタマーサクセスの責任者であるDhiren Patel氏は「AIを活用した新たなBI製品が登場してくるとともに、サイロは打ち砕かれ、あらゆるユーザーがデータアナリティクスを利用し、容易に洞察を見出せるようになる」と予想している。

 また、こうした融合はテクノロジーの枠を超え、実務担当者とそのスキルセットも巻き込む可能性がある。dotDataの藤巻氏は「(中略)より多くの企業がBIチームにAI/MLモデルの開発と管理を命じるようになるだろう」と述べた上で、これによって「BIをベースにした『AI開発者』という新たな仕事が生み出される」と予想している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

※この記事はZDNet Japanから配信されています。

SHARE

関連記事

データサイエンティストに求められる3つの能力とは

2021.04.02

注目を集める「データサイエンティスト」の将来第1回

データサイエンティストに求められる3つの能力とは

コロナ禍だからこそできる、バーチャルな体験で集客する方法

2021.03.19

ニューノーマル時代におけるCXの新潮流第4回

コロナ禍だからこそできる、バーチャルな体験で集客する方法

顧客に会えない時代に、どうすれば商談を作れるのか?

2021.03.19

ニューノーマル時代におけるCXの新潮流第3回

顧客に会えない時代に、どうすれば商談を作れるのか?

今こそ営業戦略にあったデジタルマーケティングを!NTT Comデジマ事例

2021.03.19

ニューノーマル時代におけるCXの新潮流第2回

今こそ営業戦略にあったデジタルマーケティングを!NTT Comデジマ事例

デジタルとリアルを掛け合わせれば、顧客体験の価値は最大化できる

2021.03.12

ニューノーマル時代に求められる顧客体験の設計第2回

デジタルとリアルを掛け合わせれば、顧客体験の価値は最大化できる

消費者はコロナ禍を経て、新たなデジタル顧客体験を求めている

2021.02.17

ニューノーマル時代に求められる顧客体験の設計第1回

消費者はコロナ禍を経て、新たなデジタル顧客体験を求めている

Afterコロナ時代に求められるオンライン営業とは?

2021.02.12

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第19回

Afterコロナ時代に求められるオンライン営業とは?

2021年に押さえておきたい8つのアナリティクス業界トレンド

2021.02.08

IT&ビジネス最新ニュース第107回

2021年に押さえておきたい8つのアナリティクス業界トレンド