NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

【重要】「Bizコンパス」サイトリニューアルのお知らせ
コロナ禍でも「データドリブン組織はレジリエンスがある」–タブロー調査
2021.02.02

IT&ビジネス最新ニュース第105回

コロナ禍でも「データドリブン組織はレジリエンスがある」–タブロー調査

 Tableau Softwareは1月20日、日本を含むアジア太平洋地域(APJ)を対象に実施した「組織のコロナ禍におけるデータ利活用についての意識調査」の結果を発表した。シンガポール、オーストラリア、インド、日本の4カ国で、中堅以上の管理職またはIT意志決定者2500人を対象にパンデミックにおけるデータの利用/活用について理解することを目的に実施されたもの。

 まず、「自社がデータドリブンな組織であると思いますか?」という質問に対して、日本の回答者520人のうち51%が「データドリブン企業である」と回答した。なお、同社が定義する“データドリブン企業”とは、「データを大切にし、社員がデータにアクセスしてデータに基づいた経営判断ができるようにしている企業」だという。

 APJ 4カ国全体の平均は62%、ドイツ、オランダ、フランス、英国の4カ国では56%だといい、やや低い値となっているものの、それでも過半がデータドリブン企業であると答えているという結果となった。なお、業種別に見ると「コミュニケーション、メディア、テクノロジー」では68%なのに対し、「公共(パブリックセクター)」では46%にとどまっているという。

 次いで、「データドリブンであることがパンデミック下で利点をもたらしているか?」という質問に対しては、日本のデータドリブン企業の75%が… 続きを読む

※この記事はZDNet Japanから配信されています。

この記事が気に入ったらクリック!

お気に入り登録

この記事で紹介しているサービスについて

SHARE

関連記事

DX時代の顧客体験は、サービスの「前」と「後」に拡張する

2021.09.01

ニューノーマル時代に求められる顧客体験の設計第4回

DX時代の顧客体験は、サービスの「前」と「後」に拡張する

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

AIが営業のネクストアクションを示唆! 〇〇〇で営業の生産性向上を目指す

2021.05.28

これからの時代に求められるデータ利活用第10回

AIが営業のネクストアクションを示唆! 〇〇〇で営業の生産性向上を目指す

コロナ禍の「会えない」はセールス・マーケティングの変化をどう加速させたか

2021.04.19

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第27回

コロナ禍の「会えない」はセールス・マーケティングの変化をどう加速させたか