NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

雑談が一番難しい会話型AIの今後とは?
2021.01.21

IT&ビジネス最新ニュース第100回

雑談が一番難しい会話型AIの今後とは?

 コミュニケーションAI(人工知能)技術などの開発を手がけるrinnaは12月22日、「2020年AI動向総括と会話型AIの最新研究」と題したプレスラウンドテーブルを開催した。

 一般的なチャットボットには、事前に返答をデータとして保持しているルール型や、人間と組み合わせて顧客対応するハイブリッド型、そして、深層学習で返答を予測し、会話を成立させるAI型がある。会話型AIチャットボットの特徴として、Chief Rinna Officerを務める坪井一菜氏は、「一般的なプログラムはコーディング=規則を作るが、(AI型は)機械学習で入出力のデータから学ぶ」と説明する。

 ラウンドテーブルには、エンタテインメントAIの研究開発と事業推進を目的として3月2日に設立されたスクウェア・エニックス・AI&アーツ・アルケミーが登壇。CTO(最高技術責任者)の三宅陽一郎氏は、会話型AIが抱える課題について、「学習用データとなるコーパス(言語資料)を大量に必要としながらも、対話形式の日本語データは少ない」を話す。加えて、人間とAIチャットボットの会話品質を自動的に評価する仕組みもなく、会話内容が決まっているタスク指向型会話とは異なり、自由に会話する非タスク型会話は高難度に類する。「雑談が一番難しい」(三宅氏)。

 AIの大流行は、… 続きを読む

※この記事はZDNet Japanから配信されています。

この記事が気に入ったらクリック!

お気に入り登録

この記事で紹介しているサービスについて

SHARE

関連記事

AIが営業のネクストアクションを示唆! 〇〇〇で営業の生産性向上を目指す

2021.05.28

これからの時代に求められるデータ利活用第10回

AIが営業のネクストアクションを示唆! 〇〇〇で営業の生産性向上を目指す

AI企業のCEOが語る「AIの精度が低くても、ビジネスシーンでは意外と使える」

2021.05.27

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第29回

AI企業のCEOが語る「AIの精度が低くても、ビジネスシーンでは意外と使える」

ドコモに聞く、対話AIはいまどこまで進化しているのか

2021.05.18

新しいテクノロジーの波第6回

ドコモに聞く、対話AIはいまどこまで進化しているのか

受付業務を自動でこなす、“ヒトに近い”チャットボットが登場

2021.05.07

いま求められる“顧客接点の強化”第34回

受付業務を自動でこなす、“ヒトに近い”チャットボットが登場

三菱ケミカルHD浦本CDO「製造業DXは、現場改善と全体変革の“両利き”で加速する」

2021.04.23

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第10回

三菱ケミカルHD浦本CDO「製造業DXは、現場改善と全体変革の“両利き”で加速する」

勘と経験だけではもう通用しない。スポーツ界のデータ分析最前線

2021.03.31

これからの時代に求められるデータ利活用第9回

勘と経験だけではもう通用しない。スポーツ界のデータ分析最前線

コロナ禍だからこそできる、バーチャルな体験で集客する方法

2021.03.19

ニューノーマル時代におけるCXの新潮流第4回

コロナ禍だからこそできる、バーチャルな体験で集客する方法