NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

ローカル5Gの活用法は?6Gはどうなるのか?東大・中尾教授が「Beyond5G」を語る
2021.05.25

新しいテクノロジーの波第7回

ローカル5Gの活用法は?6Gはどうなるのか?東大・中尾教授が「Beyond5G」を語る

著者 Bizコンパス編集部

6Gは5Gと比べてどこが進化するのか?

 中尾教授は、5Gの次の世代となる6Gに向けた活動も進めているといいます。すでに東京大学の五神真総長を座長とする「Beyond5G推進戦略懇談会」が発足しており、情報通信における今後10年の在り方について、検討を始めているといいます。

 Beyond 5G(5G以降)の通信に求められる機能としては、5Gの10倍の大容量通信、5Gの10/1の低遅延通信、そして5Gの10倍の多数同時接続通信といった5Gの特長をさらに高度化する必要があると指摘しました。

 「Beyond 5Gは、『超低消費電力』『超安全・信頼性』『自律性』『拡張性』といった、持続可能で新たな価値の創造に資する機能を付加すべきと考えています」

 具体的な機能としては、「超低消費電力」では低消費電力の半導体を使用することで現在の1/100の消費電力を目指し、「超安全・信頼性」では次世代の暗号技術である量子暗号を用いてセキュリティの常時確保を図ります。さらに「自律性」ではゼロタッチで機器が自律的に連携する完全仮想化を目指し、「拡張性」では衛星やHAPS(高高度無人機)とのシームレスな接続を図るというものです。

 「自分自身の今後の研究の方向としては、万物をつなぐことができる、最新の高度情報通信技術を、安価に、高度な専門知識なく自らの手で作ることで、未開拓領域においても情報通信の利活用において、イノベーションを創出することを目指したいと考えています。

 その前にまずは、情報通信を民主化することにより、一般事業者が起こす革新を進めようと考えています。この革新的な技術を、普遍的なサービスに転換していく、つまり5Gの超大容量、超低遅延通信の普遍化を、誰でもどこでも使えるサービスに進化させる取り組みが必要であると考えています」

 中尾氏が指摘したように、ローカル5Gによって情報通信の民主化が進めば、企業が5Gの運用主体となるのが当たり前となるでしょう。他の企業よりもいち早く民主化するために、まずはローカル5Gが自社のビジネスに活用できるシーンはないか、検討をすることから始めてみてはいかがでしょうか。

関連キーワード

SHARE

関連記事

オムロンが考える、ニューノーマル時代の製造現場を変える「5G」の活用法とは

2021.04.13

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第26回

オムロンが考える、ニューノーマル時代の製造現場を変える「5G」の活用法とは

5G✕エッジコンピューティングがインパクトをもたらす6の業界

2021.02.16

IT&ビジネス最新ニュース第111回

5G✕エッジコンピューティングがインパクトをもたらす6の業界

ローカル5Gとは何か?機能やメリットを紹介

2021.02.03

DX推進に必要なテクノロジー

ローカル5Gとは何か?機能やメリットを紹介

5GやIoTをビジネスにつなげるには、どうすればいいのか?東大・森川教授に聞く

2020.08.21

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第7回

5GやIoTをビジネスにつなげるには、どうすればいいのか?東大・森川教授に聞く

ローカル5Gは、「With/Afrerコロナ」における製造業をどう変えていくのか?

2020.07.03

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第2回

ローカル5Gは、「With/Afrerコロナ」における製造業をどう変えていくのか?

5G開始でビジネスはどう変わる?ドコモが語る理想と現実

2020.02.21

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第33回

5G開始でビジネスはどう変わる?ドコモが語る理想と現実