NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

【重要】「Bizコンパス」サイトリニューアルのお知らせ
DXの潮流、CDOの挑戦
2021.04.09

新しいテクノロジーの波第3回

NTT Comとドコモが連携した「ローカル5G」にはどんなメリットがあるのか

著者 Bizコンパス編集部

マルチベンダーでDXを推進できるのが、キャリアとしての強み

 鵜澤氏は、NTT Comが目指すローカル5Gの最終的なゴールとして、ユーザーの要求に応じて、ネットワークやエッジコンピューティング環境といったリソースを柔軟に提供することであることを明らかにしました。

 「この目標を達成するためには、ユーザー単位、アプリケーション単位の様々な要求に応えるため『ネットワーク・スライシング』というネットワークを仮想的に分割する技術が必要になります。

 たとえば、高精細カメラのような大容量データの伝送には、大容量向けのネットワーク・スライシングを提供し、工場ロボットの遠隔制御のように高速処理が求められるデータの転送には、低遅延向けのネットワーク・スライシングを提供するといった具合です。サービス要求にフィットする専用ネットワークを簡単かつタイムリーに提供することが可能になります」

 最後に鵜澤氏は、企業側がローカル5Gの導入を望んでも、NTT Com側が別のソリューションを提案するようなケースもあるといいます。

 「我々の役割はあくまでも企業のDX推進にとって最適なご提案をすることだと考えています。もちろんローカル5GはDX推進に有効なソリューションではありますが、ローカル5GよりもWi-FiやプライベートLTEのほうが、その企業のDX推進の目的や方向性に資するのであれば、そちらを提案することもあります」(鵜澤氏)

 要望に応じたマルチベンダーの提案ができることは、キャリアであるNTT Comの強みだと鵜澤氏はいいます。自社ビジネスのDX化に悩んだら、ローカル5Gを含めさまざまなカードを持つNTT Comに相談してみると良いでしょう。

SHARE

関連記事

コロナ禍で「DX」は共創の時代へ、Bizコンパスの1年から考える

2021.09.22

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて最終回

コロナ禍で「DX」は共創の時代へ、Bizコンパスの1年から考える

テーマは「社会・産業DX」、NTT Com「CDF2021」が描くDXのリアルとは

2021.09.15

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第69回

テーマは「社会・産業DX」、NTT Com「CDF2021」が描くDXのリアルとは

インフラ試験を自動化するために、どんな環境が必要なのか?

2021.08.04

DXを加速させるITシステムの運用改革第42回

インフラ試験を自動化するために、どんな環境が必要なのか?

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

2021.07.02

DXを加速させるITシステムの運用改革第41回

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」