NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

DXの潮流、CDOの挑戦
2021.04.09

新しいテクノロジーの波第3回

NTT Comとドコモが連携した「ローカル5G」にはどんなメリットがあるのか

著者 Bizコンパス編集部

なぜNTT Comとドコモはローカル5Gの導入を代行できるのか

 このようにローカル5Gを導入する際にはいくつかの障壁が存在しますが、NTT Comはドコモとの連携により、導入コンサルティングや運用に必要な機器提供、免許取得の代行、構築と運用保守までをワンストップで提供するマネージドサービスをリリースしています。

 このマネージドサービスには、3つの特長があるといいます。1つ目は、ドコモの無線全般、特に5Gに関する豊富な知見が生かせることです。

 「ドコモの知見を生かしたエリア調査、回線設計、総通局への免許申請を含めた高品質なスキームが提供できます。総通局への事前説明から、事業者間の調整、免許申請、無線従事者の擁立まで、一括して代行できるため、免許取得はスムーズに進められるでしょう。

 さらに、ドコモをはじめとするNTTグループのアセットを利用することでキャリアグレードのネットワークが構築できることも強みとなっています」(鵜澤氏)

 2つ目の特長は、NTT Com が提供するデータ利活用プラットフォーム「Smart Data Platform(SDPF)」との連携により、ローカル5Gで収集したデータを企業内のさまざまなデータと統合した分析・活用が可能になることです。

 「ローカル5Gは、あくまでも情報収集の手段の1つに過ぎません。SDPFにデータを集約することで、お客さまのデータ利活用を加速し、DX推進をサポートすることが私共の最終的なミッションととらえています」

 最後の特長は、NTT ComがMVNO事業で培ったモバイルサービスおよび従来からの法人向け固定回線サービスの知見を活かしたサービス運用が可能であることです。

 「保守運用に関しては、モバイルと固定どちらにも法人向けネットワークサービスを長く展開してきたNTT Comの強みを活かし、品質の高いサービスを提供します」

SHARE

関連記事

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

2021.06.11

いま求められる“顧客接点の強化”第36回

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」

2021.06.04

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第67回

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」

企業の価値を高める「SX」とは何か?有識者が解説

2021.06.02

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第66回

企業の価値を高める「SX」とは何か?有識者が解説

AIが営業のネクストアクションを示唆! 〇〇〇で営業の生産性向上を目指す

2021.05.28

これからの時代に求められるデータ利活用第10回

AIが営業のネクストアクションを示唆! 〇〇〇で営業の生産性向上を目指す

エンジニアを、繰り返し作業から解放しよう!インフラ試験の自動化への挑戦

2021.05.21

DXを加速させるITシステムの運用改革第40回

エンジニアを、繰り返し作業から解放しよう!インフラ試験の自動化への挑戦

専門家が解説する「SaaSではじめるコーポレート部門の業務改革」

2021.05.19

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第65回

専門家が解説する「SaaSではじめるコーポレート部門の業務改革」

専門誌編集長が語る、コロナ禍でのコンタクトセンターのリアル

2021.04.28

いま求められる“顧客接点の強化”第33回

専門誌編集長が語る、コロナ禍でのコンタクトセンターのリアル