NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

【重要】「Bizコンパス」サイトリニューアルのお知らせ
世界からスタートアップが集結「500 Startups」イベントレポート
2021.03.16

シリコンバレー通信第36回

世界からスタートアップが集結「500 Startups」イベントレポート

著者 小室 智昭

 日本では暖かくなったり、寒くなったりと寒暖差が激しいと聞きます。少しずつ春の気配を感じることもあると思いますが、花粉も多く飛散しているようですので、体調管理にお気をつけください。

 さて今回は、昨年に続いて“オールバーチャル”で開催された500 Startups社のDEMO Dayについて報告します。

(1)500 Startups Demo Day Batch 27に見る業界トレンドと気になるStartup

 500 Startups社は、スタートアップを支援するために2010年にDave McClureさんとChristine Tsaiさんが立ち上げたAccelerator(アクセラレーター、スタートアップ支援企業)だ。

 500 Startups社は、10年間で77の国・地域の5,000人以上の起業家を応援し、2,500社以上の比較的若いスタートアップに投資をしてきた。500 Startups社はStartupの支援活動の一環として定期的にピッチイベントを開催している。それがDEMO Dayだ。

 DEMO Dayには投資家やメディアが招待され、各スタートアップが2分間でピッチを行う。2019年に開催されたBatch 25まではオールリアルで開催されていた。ピッチ会場の隣には展示会場が設けられ、参加者はピッチの合間の休憩時間やピッチ終了後に直接スタートアップと話ができた。

 ところが、新型コロナの影響で2020年のBatch 26に続き、今年のBatch 27もZoomを使ったオールバーチャルで開催された。Batch 26は開催直前でのバーチャルへの変更ということもあり、十分な準備ができなかったと500 Startupsは言っていたが、Batch 27では投資家とスタートアップが個別に話ができる仮想空間を設けるなど、Post COVID-19のAcceleratorの新たな形を模索してきた成果が出せたのではないだろうか。

500 Startupsの活動実績

 

(2) Batch 27概要

 Batch 27には8つの国・地域から29社のスタートアップが参加した。500 Startups社によると、世界各地から1,300人以上から参加の申し込みがあったそうだ。

 500 Startups社は、Batch 27に参加した29社をFuture of Work、eCommerce/Reseller Marketplace、Develop/Security、Deep Tech、Healthcare、Financial Technology、Consumer、Creator Economyの8つに分類して紹介した。

Batch 27の8つのカテゴリー

 昨年開催されたBatch 26に参加したスタートアップが、Development/Security、Mobility、Healthcare、Smart Life、Smart City、Business、Entertainment、Commerceだったことを考えると、随分と顔ぶれが変わった。Future of Workのカテゴリのスタートアップが多いのは、新たなワークスタイルのブームはCOVID-19後も続くと予測しているスタートアップが多いということだろう。また、Commerce、Consumerのカテゴリのスタートアップが多いのも、COVID-19の影響と考えてよいかもしれない。

Batch 26(左)とBatch 27(右)のカテゴリー比較

次のページ

(3-1) Future of Work

SHARE

関連記事

テーマは「社会・産業DX」、NTT Com「CDF2021」が描くDXのリアルとは

2021.09.15

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第69回

テーマは「社会・産業DX」、NTT Com「CDF2021」が描くDXのリアルとは

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」