NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

渋滞や大気汚染を予測、「Smart City」に貢献するスタートアップ
2020.09.24

シリコンバレー通信第31回

渋滞や大気汚染を予測、「Smart City」に貢献するスタートアップ

著者 小室 智昭

4.街の騒音から重要な音を聞き分けるReality.ai社

 最初に、Reality.ai社との出会いと同社のこれまでの活動について話をしたい。Reality.ai社のCo-Founder & CEOのStuart Fefferさんと最初に出会ったのは、PNP Winter Expo Summit 2016だった。

 2016年はAIブームが始まったばかりで、AIに関するソリューションを求めて世界中から多くの企業がシリコンバレーのAI関連スタートアップとの連携を求めてやってきた。日本の企業も例外ではない。しかし、スタートアップが提案するのはAIエンジンばかりで、AIを活用したソリューションは少なく、具体的なソリューションを求めてやってきた企業との間には大きなギャップがあった。

 そんな時から、Reality.ai社は異音検知など、自社のAIが適応する事例をきちんと説明できていた。PNP社からの依頼もあり、Winter Expo 2016の後、数社の日本企業にReality.ai社を紹介した。その中で、Reality.ai社の活動のドライブになったのが、小糸製作所との実証実験だろう。小糸製作所はヘッドライト業界のリーディングカンパニーで、2016年からシリコンバレーにイノベーション拠点を設立して、数多くのスタートアップと連携している。

 小糸製作所はReality.ai社の技術についてPoCを実施し、PoCの成果をCES 2018で発表した。その後、日本企業を含め、多くの企業がReality.ai社のPoCを行った。

 当初、インフラ、工場、自動車などの異音検知がReality.ai社の主なCase Studyだったが、今は幅を広げ、Smart City、Smart Home、Connected Car、Healthcare、Securityなどのサービスを支えている。

 特に同社が注目しているのは”音”だ。”ガラスが割れる音”、”緊急車両のサイレン”、”歩行者、自転車、自動車の音”、”子供の泣き声”、”犬の鳴き声”、”煙感知器”などだ。例えば、話し声もよく聞き取れないような賑やかなレストランでも、グラスが割れる音を検知できる。しかも一種類ではなく、音が異なる複数のグラスが割れる音も検知できる。Reali.ai社は、ガラスが割れる音を検知できるAIをSmart Homeの防犯ソリューションとして提供するため、NXP社から技術支援を受けて開発を進めている。このデモビデオを見ると、高いレベルでガラスが割れる音を検知できていることが分かるはずだ。

自動運転の分野でのReality.ai社の導入事例

SHARE

関連記事

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

2021.07.02

DXを加速させるITシステムの運用改革第41回

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」

2021.06.04

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第67回

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」