NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

セキュリティ、スマートシティ、クラウドの分野で活躍が期待されるスタートアップたち
2020.06.22

シリコンバレー通信第29回

セキュリティ、スマートシティ、クラウドの分野で活躍が期待されるスタートアップたち

著者 小室 智昭

2.クラウドアプリを快適かつ安全に利用するためのExchangeサービス

 SD-WANが本格的に日本に上陸したのは2015年ごろ。多くのSD-WAN スタートアップが誕生、成長し、いくつかのスタートアップは大手企業に買収されるまでに成長した。そして買収後しばらくして会社を離れ、次のビジネスを立ち上げるCEOも現れている。

 ここで紹介するAlkira社は、Viptela社のCEOだったAmir KhanさんがViptela社がCisco社に買収されたのちに弟のAtif Khanさんと一緒に設立したスタートアップだ。

 Alkira社のサービスは、企業ユーザーがクラウドアプリを快適かつ安全に利用できるCloud Exchangeサービスを提供している。Alkira社は複数のクラウドアプリケーションが利用できる接続ポイント(CXP; Cloud Exchange Point)を持つ独自のプラットフォームを構築。企業ユーザーはCXPへの接続設定を行うだけで、複数のクラウドアプリケーションを利用できる。

 これまではクラウドアプリごとの接続設定が必要で、かつトラヒックに合わせて通信帯域やロードバランスの設定変更を企業ユーザーが行わなければならなかった。ところが、Alkira社のソリューションを利用すると、ワンストップかつ簡単にそれらの設定をクラウド上で行える。

 環境設定も簡単で、「Campus」と呼ばれるAlkira社のDashboardでCXPの選択、利用制限の設定、ファイアウォールの設定などを行うだけで基本的な設定は完了する。Campusで設定した内容は数分で反映され、実際に利用できるようになる。全ての設定をクラウド上で完結させる技術は、Amirさん、AtifさんのViptela社などでの経験が活かされているところであろう。

 Alkira社はソフトウェア企業であるためハードウェアは開発していない。そのため、Cisco社などのSD-WANベンダーとパートナーを組み、既存のSD-WAN端末を用いてAlkira社のサービスを利用できるようにしている。

 CXPの具体的な数とエリアは教えてくれなかったが、「欧米、アジアで広く利用できるようにする。」とAmirさんは話をしてくれた。それを実現するためにViptela社の時もタッグを組んだSequoia Capital社などから既にSeries Aとして$30M(3千万ドル、約32億円)を調達している。そして4月16日には、Stealth Mode(ステルスモード。製品やサービスを外部に公表せず、事業開始の準備を行うこと)から抜け出してダッシュをかけた。

Alkira社のプラットフォーム概要

関連キーワード

SHARE

関連記事

IoT・AI・クラウドに○○が加わることで、DXはさらに加速する

2021.01.27

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第18回

IoT・AI・クラウドに○○が加わることで、DXはさらに加速する

「DXを実装する」とは、○○をビジネスに組み入れることである

2021.01.27

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第17回

「DXを実装する」とは、○○をビジネスに組み入れることである

雑談が一番難しい会話型AIの今後とは?

2021.01.21

IT&ビジネス最新ニュース第100回

雑談が一番難しい会話型AIの今後とは?

DXの第一歩は請求書から!企業間取引を加速する方法

2020.12.11

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第31回

DXの第一歩は請求書から!企業間取引を加速する方法

デジタルトランスフォーメーション(DX)について分かりやすく説明

2020.12.01

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて

デジタルトランスフォーメーション(DX)について分かりやすく説明

今後さらに便利な世の中へ。IoTでは何ができる?

2020.12.01

DX推進に必要なテクノロジー

今後さらに便利な世の中へ。IoTでは何ができる?

DX部門を立ち上げたらどうなるのか?実際の企業に見る、DXの理想と現実

2020.11.20

これからの時代に求められるデータ利活用第7回

DX部門を立ち上げたらどうなるのか?実際の企業に見る、DXの理想と現実